生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

「選ばれない」という絶望

こんばんは。
この間、採用面接がありました。

ずっと前から、大学生のときからやりたかった仕事があり、
第一志望だったところの、ずっと夢見てきたところの最終面接がありました。

不合格でした。

かなりのショックでした。
こんなに簡単には夢や希望は打ち砕かれるものなのだと思いました。

ただ落ちるだけならいいですが、最終までいって色々、「そりゃねえだろう」ってことがあったので。

ただ、何人かの人間の気に入らなかっただけで、あっさりと、人ひとりの人生の希望は終わるのですね。

人事の人はよくやってくれたのですがね…。

これはもうショックでショックで、今も立ち直れていません。

もう死のうかななんて思いました。
それほど大きな意味を持つものだったのです。


もう…もうだめだ…
今回ばかりはもうだめだ