読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

あ、自分ってホント存在価値ないんだなという話

他人にとって、俺は存在価値のない人間なんだなぁ、と思う。
自分の居場所を見つけるために、色々やってみるけど、うまくいきません。
うまく生きてゆかれません。

俺は団体行動とかホント苦手なんだなぁと思う。
無理だ。人が何人か集まるともうダメだ。
1対1なら普通に話せるんだけど、相手の話を聴くことを心がけているし。
と思うんだけど、きっと、楽しくないんだろうな。俺とふたりでいても。

俺は、存在価値というか、人間性とかスキルとかそういうのがないのだな。
こういう人間にとって、まわりに溶け込んでいくのはすげえ難しいと思った。

個人の持ってる能力やらなんやらの問題と
そういうのを発揮できる場所や環境、機会の問題と
そのマッチングの問題がある。

こういうのがガッチリ噛み合えばきっと居心地がよくて、楽しくなるんだろうけど

そしてこういうのを軽々できる人はいいんだろうけど

自分は難しいな
うまくいかないな

考える日々です

ダメならダメで、じゃあどうすればいいか
それも考えているんだよ
ただ嘆くばかりじゃない

でもね それでもね
苦しいなぁ
自分の存在価値の無さを思い知らさせることが多くてね

自分は欲張りで、人が持ってるものも持ってないものも全部欲しくなるけど
結局 ただひとつ たったひとつ
「君が必要なんだ」って言ってくれる人が、そういう場所が
欲しいだけなんだな

なんて思うのさ