生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

好きなものを好きと

f:id:mako1989:20170110183323j:plain

好きなものを好きと言うこと。

自分はなかなかできない。
それがものすごく悲しい。悔しい。カッコ悪いなぁ俺と思う。
アニメやアイドルを好き、ということは恥ずかしいことなのだろうか。
ゆかりんでんぱ組.incのメンバーはかなり頑張って生きているし、やってることは例えばミスチルスピッツなんかとそんなに変わらないと思うのだ。
何が恥ずかしいというのだ。

と、言ってみても、じゃあ会社で「田村ゆかりっていうアイドルがいるんですけど、声優さんで、ものすごく好きなんです~」とか言えるかどうか、俺は言えないんだ。

それがすごくカッコ悪い。俺が。
悔しいんだ。

アジカンが好きです。ピロウズが好きです。
だったら言えるのに。
情けない。

でんぱ組のもがちゃんがブログで

「でんぱ組?好きなの?オタクじゃんwwwキモいwww」
なんて言われる、言われると思っているから好きだって言えない。
そういう思いをさせているのは自分たちのせい。
「でんぱ組好きなの?いいね!」って言わせてやる、そのためにもっと頑張る。

と書いていました。

悔しいよなぁ。
情けないよなぁ。自分。


嘆いていたって変わらない。
だからできることからやる。
ということで、会社でも自分の好きなものを出して行っています。

私は白いワイシャツが嫌いです。
みんなと同じ、だから。
というよりは、「みんなと同じにしなさい」という圧力に屈したような気分を感じるのが嫌だから。
だから派手なシャツ着てます。
ピンクとか太いロンドンストライプとか。
ネクタイもミントグリーンとかしてますし(夢眠ねむのパーソナルカラーだ)。
だって好きなんだもん。似合ってねえとか知らねえよそんなことは。

「好きな色?ピンクですね」というのも言ってます。
ピンクのものも持っています。スマートフォンとか。

笑われたって バカにされたって

冒頭の写真の、バスター君のキューブリック3体は会社のデスクにも置いてます。好きだから。

あと僕はムーミンが好きなのですが、ムーミンのグッズも置いてます。

男なのに?ムーミン好きなの?
うるせえ小説とコミックス貸すから読みやがれ。

好きなことを好きと胸を張って生きていきたい。
そのために。
小さなことでも背負って行動しなきゃ何も変わらないね。
いつも言ってるけど。
それでも。今はしてるんだ。小さなことだけどね。