読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

なりたい自分を諦めない 何者かになることを諦めない

こんにちは。すなみんです。
2016年の終わりに。

4月から今の会社で働き始めましたが、辞めようと思います
なりたい自分になるために。
すぐ辞めるってわけじゃないけど。


mako1989.hatenablog.com


今の職場は、世間から見ればホワイト?なんだろうなぁと思います。
仕事は楽。5時で終わるし、7時には2,3人しか残ってません。
でもね、最高につまらないんだよね。
仕事はいいんだけど、働いてる人が、最高につまらないんだよね。
向上心がない、やる気がない、趣味がない。
関心あるのは人の悪口と噂話。
くだらねえ。

で、俺何回も転職してわかったんだけど、俺の場合、そういうのすげーストレスになるということ。
向上心のない、やる気もない、趣味もない、悪口だけが楽しみ。
そういう人と付き合っていくこと、それがすげーストレスなんだよね。
しかも、中小企業だから、狭いんですよ。
職員が30人くらいで、ビルのワンフロアで。

あと30年このビルに通うのか。くだらない人たちと愚痴や悪口大会に花を咲かせて生きるのか。
と考えたら、「う~ん、それだったら、控えめに言って死んだほうがマシだな」と思ってしまった。
うちの会社、仕事的にはホワイトで給与もまぁ公務員くらいはあるのです。
でもね、離職率が高いんですよ。なぜか。
そのわけは、俺が感じてるようなことじゃないかな。

でもまぁ、それは受け入れて、会社の人とは距離をおいて、プライベートで頑張りゃいいやって。
そうも思うんだけど。

そこはね、昔からの自分のやりたいこととか、そういうのもあってね。
やりたい仕事、あるんだよね。

今回、悩んで、考えたんだ。
過去に戻って、自分と向き合って。
自分が本当にやりたいことは何か、本当になりたいのはどんな自分か。

考えたんだ。それを今から話すよ。

なりたい自分

まず、なりたい自分ってどんなのだろうって考えた。
理想。

・やりたい仕事をしている
・趣味が充実している(自分の場合は音楽かな)
・楽しくやれる友達がいる
・向上心を持ち一緒に成長できる仲間がいる
・理解しあえる恋人がいる
・人から認められて生きる

あれ、案外少ないな。こんなもんか。
でも、これを満たして生きるのは案外難しいねえ。
今、できてねえもん、全然。

向上心を持ち、一緒に成長できる仲間がいる。
ずっと、ずっとずっと、こういうのに憧れていました。
高校の頃から。
高校のつまらない連中と同じように生きたくなくて、一生懸命に勉強しました。
ここじゃないどこかに、自分の価値がある場所へ行くために。

大学に入ったけど、何も変わりませんでした。

多分それは、俺が諦めてしまったから。
自分には無理だって思ってしまった。
それがいけなかったんだ。
俺の理想のような人たちが確かにいたんだ。
確かにいた。
それを横目で見ながら、「自分はダメだ」と思うような、そんな人間にいつの間にかなってしまった。
そのままずるずるやってきて、今これだ。
高校のとき、こんな風になりたくないなって思ってた連中、そんな連中と今一緒に働いてる。

それがね、許せねえんだ。
そんな自分にたまらなく腹が立つ。

つまんねー連中と、つまんねー仕事してるのは、俺が頑張れなかったからだ。
諦めたからだ。
そうなんだ。
今こうなってるのは、自分が頑張らなかったから。
諦めたから。今ははっきりとわかる。
諦めずに頑張った人は、今輝いているんだ。

今からでも間に合うかな。
もうボロボロだけど。
諦めなければ叶うかな。

やりたい仕事、実はある。
あ、音楽とか小説じゃないですよ。
それは趣味とか夢の話で、別にやりたい仕事がある。

もう27歳で、すでに転職2回。
絶望…圧倒的絶望…!

それでもまだ、チャンスはある。
可能性はゼロじゃない。
チャンスはあるんだよ。
ダメだったらもうチャンスがなくなったら、そのときは諦める。
チャンスがあるんだったら、まだ諦めるのは早い。
挑戦できる限りは、やる。
そう決めた。

もっと、命を燃やして生きたい。
もっと、高い場所へ生きたい。
自分が納得できる自分でありたいんだ。
何度も転職して、わかった。
高校の時からそうだった。
ダメなんだ、俺はこういうのが。

生きてるんだか死んでるんだかわからない自分で
生きてるんだか死んでるんだかわからない連中と
生きてるんだか死んでるんだかわからないような人生を送る。

そういうのが、たまらなく辛い。


贅沢な悩みだ?無理だ?
うるせえんだよ、お前と一緒にすんな。

というわけで、自分の想いを叶えるために。
来年、頑張ろうかなって思います。