生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

最近聴いてる音楽

すなみんです。

最近聴いてる音楽。若いロックバンド。



リコチェットマイガール

リコチェットマイガール きっと鳴り止まない

きっと鳴り止まない


ランドリー

ランドリー


疾走感のあるサウンド。

鬱屈した想い。

なんやかんや言ってみるけど、なんかもうどうしようもない。

それでも…それでもまだ…

って感覚。

渇いた街の雑踏にひとりくすんでいるような

夜のアパートでひとり未来を思うような

そんな空気感。

好きよ、こういうの。個人的にね。

「きっと鳴り止まない」では「新宿にて」が好き。

「ランドリー」では「夜更ける前のライダー」が好き。

リコチェットマイガールはけっこうハマりました。

今度ライブいこっ。


the quiet room

Circle

Circle


Life is wonder

Life is wonder


茨城出身のバンド。平均年齢21歳だと!

このバンドも疾走感があって好み。

あとジャケットがいい。  

natunatunaさんというイラストレーター?が描いているらしい。


スーパーアイラブユー

SUPER I LOVE MUSIC & SUPER I LOVE YOU

SUPER I LOVE MUSIC & SUPER I LOVE YOU


こちらも茨城出身のロックバンド。

詞のセンスがいい。

「ハッピーエンドでよろしく」を初めて聴いたとき、少し泣いた。


素朴で、力強くて、それでいて優しい。

ストレートで、あたたかい。


愛想笑いなんてしなくてもいい。

どうしてもしなきゃいけないときは、心の中でなかゆび立てときゃいい。

それでいいのだ。

君は君のままでいい。

心配しないで。

君は幸せになるよ。


いい唄歌うね。惚れるぜ。


この不条理で溢れる世の中で、荒んでしまった心。

こういうロックンロールを、今必要としている人、けっこういるんじゃないかな。

スーパーアイラブユー、というバンド名に違わず、聴く人を愛してくれるような音楽だ。

どんな僕でも どんな君でも

ありのままを愛してくれるような

そのまま受け入れてくれるような

そんな音楽だ。


うんっ。

いいバンド名だ。

どう考えてもてきとーにつけた(もしくはインパクト重視でつけた)と思われるバンド名けっこうあるけど、

スーパーアイラブユーはテーマ性というか、想いを込めてつけられたような気がする。

 曲を聴いてみてそう感じたよ。

本人たちがどう思ってたつけたのかはわからないけどね。そんなに考えてないかもしれないし。


人も音楽も、一期一会だ。

ぼうっとしてたら、通りすぎて行ってしまうんだ。

だから色々、見て、聴いて、触りたい。