読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

ひとりぼっちのテーマ

日記 邦楽

今週のお題「私のテーマソング」

ということですが、今までの人生のテーマソングは、the pillowsのBlues Drive Monsterですね。


メガネに貼りついてるように どこを見ても
変わりばえしないこの景色 今日も退屈でがっかり
皆いったいどんなシステムで感情をコントロールしているんだ
気が狂いそうで泣きだした僕がまともなんだよ
鍵だらけの部屋にこもった少年時代 
ラジオから抜け出してきた
エレクトリックな怪物
囁いてばっかりのスピーカーをキミは息で吹き飛ばした
時代が望んだヒーロー 目の前で倒してよ
大人が眉間にシワを寄せる笑い声と
足音が響きわたって ゆっくりと近づいて来る
奴らピストル持ってキミの巨大な喉を狙ってるんだ
そんなもの通じるだなんて思い上がりなんだよ
憂鬱な世界を 踏み潰してくれないか
ずっと待っている


FLCLのクライマックスでこの曲を聴いたときは衝撃が走りました。

とにかくかっこいいし、歌詞がめちゃくちゃ私の人生じゃないですか!

他にもONE LIFEとか、ストレンジカメレオンとか、Funny BunnyとかMY FOOTとか、Please Mr.Lostmanなど

the pillowsの他の曲もテーマではありますが。

LITTLE BUSTERS

LITTLE BUSTERS


前職のとき

あとは、前期ノイタミナのタイアップになったamazarashiの『爆弾の作り方』なんかもテーマかな。

今に見てろって部屋にこもって
爆弾を一人作る
行き場の無い イノセンス イノセンス
もう泣かないで また立ち上がって
底知れない君の武器で 打ち砕く虚無的なイデオロギー

amazarashiの秋田ひろむは、東京に出て音楽やって、成功しなくて故郷の青森に帰って、amazarashiやってるんですよね。
2年半前くらいに有線で『ジュブナイル』がパワープレイされていて、amazarashiを知りました。
前職で働いていたときは、amazarashiの曲にもずいぶん助けられたかな。

爆弾の作り方

爆弾の作り方




東京に来てから


東京に来てからは、きのこ帝国がお気に入りです。
きのこ帝国の曲を聴くと、あー、東京で生きてるなーって気がする。



この前も書いたけど、浅野いにお×きのこ帝国はものすごい合うと思う。
すごい東京感ある。

Nikonデジタル一眼レフを首にぶら下げて、モスグリーンのモッズコート、ファンキーなリュックサックを背負う少し寂しげな背中、高円寺のカフェではiPadを使って浅野いにおの漫画を読み、頭のでかいヘッドフォンからはきのこ帝国が流れている…こういうの流行りませんか?

きのこ帝国の曲は恋愛の歌が多いのだけれど、今ではこういうのも聴けるようになった。
昔は恋愛の曲とか聴けなかった。それがどんなに悲しいものでも聴けなかった。
聴けるようなったということは、少しは人間らしくなったのかな。

…人間らしくってなに?

そのときどきでテーマになる曲はあったりするんですが、まぁ、こんなところです。