読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

ニホンジン/ニホンジンのうた~ゴハン~ レビュー

TSUTAYAに行くと、大森靖子キュウソネコカミなんかの隣にあってプッシュされていた。ニホンジン。
TSUTAYAで最近よく見るよね。

ニホンジンのうた~ゴハン~

ニホンジンのうた~ゴハン~



ニホンジンとは?
東北大学の学生3人組のバンド。
だったんだけど、久しぶりに見たら株式会社になっているというよくわからない状況に。

実は私はメンバーのひとりと大学時代の知り合いなのですが、こいつがひねくれ者のクソ野郎で、私のブログにむかつくコメントをしてきやがったのでキレる、なんてこともありました。

個人的には、少しくらいひねくれたクソ野郎じゃないと良い音楽なんてできないと思ってるので、まぁね。

ライブも行ったことがあるんですが、メジャーデビューしてこんなアルバム出してるとは知りませんでした。

で、そのアルバムのレビューでも書こうかなと。
そんなに音楽を聴いてない自分が上から目線で好き勝手に書いても、許して~~~ちょうだい!で許されるような気がするから(笑)


ニホンジンのうた~ゴハン~/ニホンジン

1.Melody Box  
全体的に切ない雰囲気を漂わせた彼らの代表曲。大学時代のアパートを思い出させるような雰囲気が好きです。音も好きだよ。
ただ、間奏の手拍子とフゥー!みたいなのは要らないんじゃないかね。
曲にマッチしてればいいけど、これ完全に曲をチープにしちゃってるだけだと思う。


3.熱くなれ
ラグビーだか野球だかのテーマソングになっていた(ような気がする)、応援ソング。
歌詞が単調であまり面白くないですが、10代のスポーツやってる子なんかは共感できるかも。


4.君のままの君が好き
なんだか売れ線狙いのバラードという感じ。
歌詞も音もボーカルの歌い方も、自分には無理ですね。


5.酔っぱらい天国
みんなでワイワイやってるような感じの、ニホンジンらしい曲。


6.男子たるもの恋すべし
明るくてポップな曲。全体的に若さみたいなのが溢れていてパワーがある。
サビのメロディは勢いがあって好きだ。
これはとても好きな曲ですね。



【総括】
メンバーは東北大生(卒業生)なので、なんというか、アウトローでもナードでもなく、でもチャラくなく素朴で真面目でちょっと奥手…みたいな地味な優等生の恋の歌が多いような気がする。ボーカルは一般ウケするような声。
それから、ライブを意識したというか、みんなで楽しくできるような、エンターテインメント性のある楽曲を作っている感じ。
手拍子とか合唱が入っていたりして。

このアルバムには収録されていない「古文のワンダーランド」という曲には、間奏で「る らる す さす しむ む むず ず じ~」という古文の助動詞をみんなで合唱するところがあって。
エンターテインメント性の大きいオーディエンス参加型ライブといえばやはり、田村ゆかりと神楽坂ゆか。
で、神楽坂ゆかの「🍍Doki Doki ☆ π パイン🍍」という、間奏で円周率をみんなで歌う曲があるんですが、それより先にニホンジンが「古文のワンダーランド」でやってるあたり、やるじゃんと。
彼らもプロとして曲作ってんだなぁと。

このアルバムに入ってる曲は、どれも雰囲気が違うので、良くいえば音楽性の幅が広い、悪くいえば方向性が定まってない感じ。
これからどうなっていくんでしょうねえ。

しかしライブをサンプラザホールでやったり、今度はゼビオアリーナでやるらしいので、けっこうすげえなおい。
9/19は西武ドーム水樹奈々のライブがあるので行けないけど、ニホンジンのライブもけっこう楽しいので割とおすすめです。