生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

オタク街コンに参加して思ったこと

昔に書いたものが発掘されたので、アップロードしよう。

去年の12月のことかな。

 

こんばんわ。

この間、街コンにというものに参加してきました。

オタク系の街コンにソロエントリー。

 

僕が参加した街コンについての感想~

他の街コンでは違うところもあるかもしれません。

 

わりと想像してた通りでした。

 

 

1 ソロプレイヤーは浮く

 

僕みたいに、大人数の中でしゃべれない性格の人はキツいです。

 

街コン参加する人は、ひとりの人もいるんですが、だいたい初めからグループで来ます。

 

だからこう…席が、

 

グループ×グループ×ソロプレイヤー

 

みたいになります。

この状況、ソロプレイヤーにとってはキツいです。

 

そんなの関係ねぇ!グループで来ようが俺のトークで仕切ってやるぜ!!

 

っていうソロプレイヤーには問題ないかもしれませんが、そんな高レベルで高スキル持ちのソロがどれだけるのでしょう。

 

席替えタイムは、一見すると人間関係がリセットされるかのように思えますが、そんなことはありません。

席替えタイムが行われるころには、すでにある程度人間関係が構築されており、そもそも席を動かない人(グループ)もいます。

 

不動如山。

 

我動かず。

 

…つけいるスキがねえっ!!

 

そして席を移動するのは基本グループで動きます。

ゲルマン人の大移動並みに。

強靭な意志とスキルのないソロプレイヤーはさながらやつらに踏み潰されるアリのようです。

 

自分が見てた限りでは、会話の主導権を握れるソロプレイヤー(顔高レベルスキルあり)、ぼっち化するソロプレイヤー、輪には入れるけどその他大勢で終わるソロプレイヤーに別れる感じ。

 

 

街コンにソロプレイで参加するのは基本的にオススメしません。

 

職場のしゃべらない先輩とか後輩とかつれてったほうがよいと思います。

2人いれば、最悪ソロで死ぬ。ということはありませんし、こちらもグループなら他のグループに突撃しやすいからです。

 

 

2 好みのタイプがいない上、ゆっくりおしゃべりできない

 

これは参加する前の想像とは少し違ってたのですが、なんかもうそもそもそんなに女の子と話したいとは思いませんでした。

 

好みのタイプもいないし、あとなんかゆっくりしゃべれないから全然どういう人かわからないんですよね。

 

本気で出会いを探しにいくなら、職場や友人関係で開く合コンとか、一対一のコミュニケーションができる婚活サービスとかのほうがいいかもしれないなぁと思いました。

 

3 あと女おまえらほんとなんなのマジで

 

個人的にダメだなと思ったのは、スタッフではない俺が、食べ終わった料理の皿や空いてるグラスを片付けても「ありがとう」の一言もない、やってもらって当然、みたいな顔してる女子が多かったことです。

 

これはですね、テーブルからキッチンまですげー離れてたんですよ。

で、スタッフの人も来ない。

そこで俺が気を利かして、食器片付けに行ってたりしてたんですよ。

それで、ありがとうも無い、ってそれでも人間かよお前ら。

当然のように空いたグラス渡してくる人間にはちょっとした暴行の故意すら覚えるレベル。

このあたりから完全にもう僕のやる気はなくなったわけです。

 

あと男女男女の4人グループで、 女同士でしゃべってるのなんなの?

なにふたりの世界作ってるの?

 

高レベルの会話スキル持ちの男は「女の子を楽しませる」ことができるのだろうと思いますが、僕には無理でした。

 

そんな「今あたしたちがしゃべってるんだから話しかけるな」オーラ出されたら撤退するしかないだろうがっ…!

 

あと二次会でカラオケがあったんですが、人の歌は聴かないやつらわんさかです。

なんかずっとくっちゃべってます。

 

俺の歌をきけえ!

 

と叫びたくなります。

 

 

4 連絡先交換しても、別に連絡とりたいとは思わない

 

これも参加する前の気持ちとは違っていたところ。

 

連絡先交換したはいいけど、全然連絡取ろうという気になりません。

 

っていうか今LINE見ると「この人誰だっけ?」という人が大半です。やべえ…まじで思い出せねえ…。

よくしゃべってないからわからないんですよね。

 

街コンに来るようなタイプは、僕の好みではないかな。もっと落ち着いて話ができる人がいい。

 

 

5 運要素もかなりある

 

どこの席に当たるか、どんな人と当たるか、これはかなり大きいと思います。

 

 二次会のアニソンカラオケ

もう僕は後半かなりやる気がなくなり、トイレいって帰ろうと思って部屋を出ました。

このままここにいても時間の無駄だなぁって。

 

これは逃げじゃない…!戦略的撤退だ…っ!

だけど、喫煙室として取っていた部屋の中を覗いてみると、誰もいなかったので、そこで歌うことにしました、ひとりで

お金ももったいないしなぁ。

ということで、街コンの二次会、アニソンカラオケは誰もいない部屋でひとりでひたすら田村ゆかりの曲を歌い続けました

人は来ませんでした。

そろそろか、といったところで、トイレ行って駅に向かいました。

おしまい。

 

 

総括

 

街コンは、費用対効果が悪いなぁと思いました。

高いお金払って参加するものでもないかな。

まぁだいたいどういうものかわかったし、勉強料として惜しくはないです。今回は。

 

もういかないだろうな。こういうのは僕には合わない。

難易度高すぎんよ…。

 

オタクっぽい出会いが欲しいとか友達がほしいとかなら、ゆかりんのライブ等でソロプレイの女の子に話しかけるとかするほうが、難易度は易しいと思います。

 

あとなんかもうコスプレとかしちゃうよう娘はウェイなんだかギャルなんだかもう判別つきません。

オタサーの姫とかともオーラが違うし。

最近のこういう娘は、僕の苦手なウェイ系統とたいして変わらないんだな。と思いました。ただアニメとかが好きってだけで。

それは収穫。

というかアニメが好きだといっても共通の作品が無いとぶっちゃけ全く会話にならないよね。

 

 

まぁダメだダメだ言ってますが、8割方僕の複数人の中で楽しく会話する力)がなかったのが敗因です。

 

本当にありがとうございました!

勉強になりました!