読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

遊べなくなったことより、自由な時間がなくなったことより、周りに社会科学的な話ができる人がいなくなったのが辛い

日記

大学を卒業するまでは気がつきませんでした。

周りに学問的な話、とりわけ経済学や社会学のような社会科学的な話ができる人がいなくなったというのは、これほど辛いことであるとは

大学にいれば、まぁ研究するところですし、研究をしに来てる教授や院生がいるわけで、あんまり勉強してない学部生だってゼミがあり卒論はそれなりにやってるので

そういう話はできるんです。

就職してからは皆無だもんなぁ。

つまらない。

つまらなすぎるぜ。

大学院に行きたいなぁ。お金がないから無理ですけど。

うーむ。

ウダウダ悩んでるより

とりあえず今自分にできることをしよう。