読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

他の誰かじゃない。たったひとりの 替わることのできない僕

こんばんわ。

すなみんだぴょん☆

この土日はジムに行ったり自転車に乗ったりしていました。

が、大半の時間はいつも通りベッドの上でうーんうーん悩むことで終わるという

暇さえあれば悩んじゃうからな、この人は

何を悩む?

仕事のこと?

それもあるけどさ

もっと根本的なこと

ここでも度々書いておりますが

僕は誰かの代わり・替わりってのがものすごく嫌です。

僕の根本にある考えは

人はみんな、全員、すべて それぞれ違っているから

誰かの替わりなんていません。

君の替わりなんていません。

僕の替わりなんていません。

こういう価値観です。

だから、僕は誰かの代替物として扱われるの、すごく嫌です。

ものすごく嫌です。

こういう感情は、きっとみんなも持っていて

それでも、仕事や恋愛などの活動を通して、誰に認められる

そういういった経験をして、そんなに悩まなくなるんじゃないかなぁ、と思います。

僕は、僕が僕として、誰かに認められる

なんて経験は生まれてこのかた、全くしたことがないので、悩むんだろうな。

何者かになりたい

誰かの替わりじゃない誰かになりたい

そんな想いをもって、日々生きているのです。

このブログも、僕が僕だって、世界に向かって叫びたいから、書いているのかもしれません。

僕は卑屈ですから、今これを見ている人たちだって、別に、僕でなくてもいいんだろう。そう思います。

このブログが明日消えてしまっても、数日後にはもう忘れてしまっているでしょう。

誰でもよかった。

そんな気持ちで読んでいる人が大半でしょう。

公務員試験にしても、仕事の辛さにしても、この社会で生きる辛さにしても。

別に何でもいいんじゃないかって。

「自分と似たような想いを持っている人」なら、誰でもいいんじゃないかって。

別に、僕でなくてもいいんだろう?

そんなことをうだうだ考えるわけですな。

考えてもしかたがない。

待っていてもしかたがない。

他の人がおかしいんだって、訴えても誰も振り向きやしないぜ。

きっと、自分で認めさせるしかないんだよ。

僕の想いは、絶対に間違ってるとは思わない。

誰がなんと言おうと絶対に間違ってなんかない。

人は誰だって、誰かの代替物なんかじゃなくて、あらゆる所有物や地位や肩書きを取り去った僕や君は

ひとりの人間として認められなきゃならない。尊重されなきゃならない。

人間は、世界は絶対にそうあるべきと思っている。

これが間違ってなくてもね、実際、他の人がどう思って、世界がどうなっているかはまた別の問題なのさ。

残念ながら、世界は、人間は、そうなってないんだ。

だからね、認めさせるしかないのさ。

認めさせてやりたい。

僕にしかできないことで

僕は僕だって認めさせてやりたい。

そう思ってる。

でもね、これがけっこう難しいんよ。

単純な仕事で単純にお金もらっても、ただの労働力と対価の交換だもん。

そこに僕はいないんだもん。

僕が僕であると、君が君であると認めてもらうのは、大変なことです。

手っ取り早くこれを認めさせるツールとして人類が考え出したのが、恋愛ってやつなんでしょうけど

これだって十分に大変だと思うんだけども…

それにさ、ひとりの女の子に認めてもらって、果たしてそれで完結なのかな?

僕はそれで満足できるんだろうか

もっと多くの人に認められたい、ってそう思うのかな。

やっぱり、まだ足りないんだ。

仮に恋愛に成功して、誰かに僕が僕であると認めてもらった

僕は救われたとする。

それで、僕の想いまで救われるのかな?

僕と同じようなことを想ってる人が、救われるのかな?

きっと救われないだろう。

僕の想いはきっと残るんだ。

なんかそういう気がするんだよ、僕の性格上。

誰かに認められたいって想いと同時にさ、誰かに伝えたい、って想いもあるんだ。

僕みたいに、たったひとりで、誰にも理解されないって思って苦しんでる人に

僕は君じゃないから、全く一緒ではないけれど

僕も君と似たようなことは想ってるよって

それでいいんだよって

僕が想ったこと、感じたこと、考えたこと

そういうものを

僕にしかできない方法で

誰かに伝えられたらいいなって

そういうのやってみたいなって

そう思うんです

が、この想いを実行に移すとき

まぁ例えば、漫画だったりアニメだったり論文だったり小説だったり音楽だったり

いわゆる表現ってやつですな

その方法があるんですけど

まー

これ表現ってのは

地味・時間がかかる・単純に難しい

というなんかもう苦行のようなもので

意志のよわーいすなみんにはできそうもないことなのであります。

だからと言って、うだうだ悩んでいたら一生このままだよなって。

そう思うんですけどね。

ただ他にも転職とかやりたいことあるし…

とまた悩んでしまうという。

みんなどうしてるんだろうなぁ。

まぁ諦めるか、何かを犠牲にしても、どんなに苦しくてもやり続けるか

ってとこなんでしょうけど。

そんなことを今日一日うーんうーんと考えていて

なんか結論としては、まぁまずは転職して東京に行くか

ということになりました。

たとえ僕が僕として認められても、この田舎で一生暮らすのはムリ☆

と思ったからです。

まずは、グチグチ悩んでないで、さっさと東京出るか。

転職成功させる。それだってきっと無駄にはならない経験のはず。

勉強しますかねい。