生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

松本大洋『ピンポン』と僕の思い出~5年前のとある夏の日~

ただいまノイタミナにて大絶賛放送中

アニメ『ピンポン』。

原作は、松本大洋の漫画『ピンポン』。

何年か前に映画化されヒットしたので名前は聞いたことある人いると思う。

僕がこの漫画を読んだのは、5年ほど前、大学生のときだった。

アニメを見て、すごい面白くて、当時のことを思い出した。

漫画は、実家にあるのですが、今どうしても読みたくなって、この間新しく出た版のコミックスを、買いました。

この漫画を初めて手に取ったのは、5年前の夏のこと。

僕がとある事情で入院していたとき、病院の談話室みたいなところに、ボロボロのコミックスが置いてあったのです。

映画はテレビかなんかでみたので、名前は知っていました。

漫画だったのか、これ。と思った。

暇だった、あまりにも暇だったので(入院は暇なものである)

手にとって読みました。

最初はなんだか、絵に癖があって、コミックスのボロボロさも手伝い、古くせえ漫画だなと思って、読んでいました。

読み進めると、その面白さに圧倒されました。

面白い。

ピンポンの迫力。

キャラの背負っているもの。

燃える展開。

それぞれ色々悩みながら、色々背負いながら、卓球をやっている。

これはスピリッツ連載で、少年誌のスポ根より、ディープです。

人の人生、想い、生き方、背負っているものを描いている感じ。

面白い。

そのとき僕は手術して入院していたわけで、なんだかなぁ、って気分でした。

このピンポンに、主人公のペコやスマイルに元気をもらいました。

ペコの復活劇を見て、リハビリ頑張ろうって思った。

俺もヒーローになりたい、ってそう思った。

病院に、ピンポンが置いてあったのは必然だったのかもしれない。

まぁ実際は、医者か誰かがてきとーに、置いていったんだろうけど。

でもこれ読むと絶対リハビリやる気でるよ。

スポ根チックなところはあるけど、やりすぎると体壊すってのも描いてるし。

あの病院、正解!

あのときはオイラ頑張ったよ。

おかげで今はピンピンしてる。

だけど、あのときの想いはいつの間にか忘れてしまって

また怠惰な生活送ってた。

リハビリもある程度進むと、途中からサボってた。

人間必要なくなるとやらなくなるもんだね。

それで今もこんなんさ。

ヒーローになりたい、でもなにもしない。

この間またこの漫画読んでさ、やっぱりヒーローになりたい、俺も『努力』がしたい、って思ったよ。

俺には、ペコやスマイルみたいな才能はないかもしれないけど、それでも…

で、ちっと頑張り始めたわけよ。

ピンポンは面白いからさ、ぜひアニメ見てみてよ。

僕は萌えな日常アニメやライトノベルアニメはあまり好きではないので、こういうアニメがあるとうれしいですね。

漫画も読んでみてね。

ヒーロー見参

ヒーロー見参

ヒーロー見参

ヒーローは俺だぜっ!

俺だかんねっ!!

そこんとこっ…

ヨロシクッ!