読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 主役は変われないから

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- を観たのこと

ついにタイガー&バニー完結!

タイバニも終わりかぁ。

いやー散々予告みてすげー楽しみにしていました。

すげー良かったです。

ということで感想。

最終回らしくキャラ勢ぞろいという感じでよかったですね。

ヒーローとヒーローTV、鏑木一家、ベンさんロイズさん斎藤さん、ルナティック

そしてNOVELSとUNISON SQUARE GARDEN

OPはNOVELSの「ネメシス」

かっこよかったですねー。OPからテンション上がります。

タイガー&バニーらしいOPでした。

新ヒーローのゴールデンライアンですが

予告ではすげー胡散臭かったですが

かっこよかったですね。全然ブレない。この人はこの人でヒーローでした。

予告見て「え?どっどーん!ってお前www」と思ってましたが

このどっどーん!はこれ観てみるとすげーカッコイイ。

「俺のブーツにキスをしな!」という決め台詞も、能力に合ってるし決まっている。

華がありますよねーこのヒーローは。

んで、華がないしブレまくりなのがこの人!

ロックバイソンさんです。

スカイハイの「ありがとうのポーズ」をパクったり、ブルーローズの決め台詞をパクったり、見切れたり。

面白かったです。

虎徹だけではなくて、他のヒーローも悩みながらやってるんだなぁと。

あの一件から、見切れるだけではなくなった折紙サイクロン。

擬態能力を駆使してすげー活躍しているわけですが、「擬態使ってコソコソ不意打ちするヒーローって…」と悩む。

そしてファイヤーエンブレムも悲しい過去があったんだなぁ。

ファイヤーエンブレムのトラウマや、各ヒーローの悩みを通して

自分は自分でいいんだ

というテーマが描かれていました。

いったん逃げたと思わせて、真正面から擬態を使った折紙サイクロン

真正面から敵にぶつかることしかできない自分を貫いたロックバイソン

ひとりひとりでは何もできなくても、力を合わせればすごいパワーになる。

ということも描かれていたあたりがよかったです。

虎徹は基本的にダメなおじさんなんですが、ワイルドタイガーはやはりカッコイイ。

ライアンがスカウトされ2部リーグ廃止、クビになった虎徹は

楓に「やりたいことやってる?自分にできることやってる?」と言われ目を覚まします。

その後のルナティックとの戦い

困っている人がいたら手を差し伸べる。それだけだ!

テレビ版でブルーローズに「何でヒーローやってるの?」と聞かれたときに虎徹が言った

俺は困ってる人を助けたいからヒーローやってる。動機なんてそんなもんだろ?

迷うこともあるけれど、やはりおじさんは全然変わってない。

これがワイルドタイガー!

ルナティックとの戦いの最中でも、風船をなくして泣いている子どもの風船をとってあげるあたりやはし虎徹さんです。

ワイルドタイガーかっこいいなー。

スカイハイやバーナビーの陰に隠れて、ダメヒーローだと思われていたワイルドタイガーですが

最後には街のみんなから声援を贈られるのには泣きました。

あの風船の子どもが声をあげるところでワイルドに泣いたぜ!

物語の終わり

虎徹が楓に言った

「自分の書きたいように書けばいいと思うぞ」

この宿題の詩を楓が読むんですが

これでタイトルの -The Rising- の意味が明らかになります。

昇るんだよ。

何度沈んでも、何度沈んでも。また昇るんだよ。

自分は自分でいいんだ。どんな君でも。どんな僕でも。

必ずまた昇るんだよ。

いやーよかったなー。

そして月として見届ける役割を担っているユーリですが

この人裁判官だったんだ。正義か…

マーべリック亡き後、アポロンメディアを買収したシュナイダーさんのボイスは大塚芳忠さんなんですが

こういう胡散臭い役もいいですねー

大塚芳忠さん好きだなぁ俺。

EDはUNISON SQUARE GARDENの「harmonized finale」

とうとう終わりですよー。フィナーレです。

EDの後日談的映像もよかったですよ。

harmonized finale 星座になる

沢山の願いを乗せて

誰かを愛したいとか 君と笑っていたいとか

そしてED後のワンシーン

このシーンがあるから寂しくなくなった。

終わったけどどこかで続いているんだって。

タイガー&バニーは今日も街を守っている。

どこかで困っている人を助けている。

そんな気がした。

まとめるとあれだなぁ

自分は自分でいいんだ、そしてそういうひとりひとりが互いに補い合って力を合わせる。

それは素晴らしいことなのだと思わせる、王道的な締めくくりで非常に良かったです。

自分は自分でいいんだ。

俺はアニエスさんとか好きじゃないけど、あの人も最後まで自分貫いてたので良かったかなと。

斎藤さんも斎藤さんでしたね。

「クソスーツだ」とか「早く乗れ!タイガー!」とか斎藤さんだなぁと。

好きだよ斎藤さん。

あと映画館で後ろの席の腐女子と思しきお姉さん方も号泣してましたw

そしてしきりに「ユーリかわいい」という…

Twitterでこの「ユーリかわいい」ってのは何度も目にしてたんですが

そういうものなんですねー腐女子の感覚はわからん…

あー

しかし本当によかったなぁ

タイガー&バニー最終回

これはもう一回観に行こう。

テレビ版ももう一回見たいなー

自分は自分でいいんだ。

僕は僕でいい。君は君でいい。

僕の物語の主役は僕だ。

君の物語の主役は君だ。

そうなんだよ。