読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

東京都職員採用セミナーに参加して、仕事を辞める決意をしました。

はい、こんばんわ

すなみです

昨日は、東京都職員採用セミナー2014に参加してきました。

これはとても有意義でした。

こういう系統のイベントで初めて「有意義だなぁ」と感じました。

やはり目的をもって参加するのと、ただ漫然と参加するのでは、全然違うなぁ。

このセミナーでは、東京都の幹部職員の方の講演があり、そのあとにコミュニケーションエリアというものが設けられた。

コミュニケーションエリアというのは、各ブースに分かれて、さまざまな都庁職員にお話を伺うことができるというもの(後述します)。

職員の方の講演、仕事の話は面白かったなぁ。

正直、俺がやってる仕事とは根本的に違うレベルの仕事なのだなぁと。同じ公務員でもね。

たとえば、その人は自分で都庁のホームページを作った話をしていたんだけど、わくわくした。こういう仕事俺もしてみたいって思った。

そんで、コミュニケーションエリアでは、民間企業勤務経験者・特別区勤務経験者・市役所勤務経験者・道府県庁勤務経験者・国家公務員経験者など、さまざまな職員の人がいて、お話を伺うことができた。

これが、すげー参考になったんだなぁ。

まず、ほかの公務員から転職してくる人は珍しくもなんともないということ。

そして、都庁は人数が多いから、色々な人がいるということ。

これがわかっただけでも精神的に楽になる。

俺は、昨日都庁の職員の方々の話を聞いて、仕事を辞めることを決意しました。

ここからは俺の想いを書く。

先に断っておくと、このブログはフィクションです。

ご了承ください。

では。参ります。

やっぱ俺仕事辞めるよ。

理由としては、まぁ前から言ってるように、パワハラまがいのことされてるってのもあるんだけど

もっと根本的なことさ。

なんかさ、俺一生この仕事してていいのかなって思うんだ。

いや、その「いいのかな」が「いいわけない!」に変わったんだ。昨日の都庁の採用セミナーで。

他の公務員から都庁に転職してきた人の話を聞いてさ、すげーわくわくしたんだ。

面白そうだって思ったんだ。

そりゃ採用セミナーなんだから、いい部分しか話してないのかもしれない。

それはわかるよ。俺だって現役の公務員なんだから。

でもさ、同じ公務員でも、俺の組織とは根本的に違うんだなって思った。

大変そうだけど、やりがいあるように感じたんだ。

俺の職場は、ダメだ。絶対おかしいよ。

あのクソ職員ども。

上から怒られなければそれでいい」ってことしか考えてないんだから。

俺たち公務員は誰のために働いてんだ?上司のためか?

市民のため、利用者のためだろう!

俺たち公務員は何のために働いてんだ?上から怒られないようにするためか?

市民の幸せのためにだろう!

「上から怒られないようにする」

仕事の根幹にこれを置いているから、ひどいもんだ。

まず、窓口に来る利用者の話は、基本的に聞かない。

追い返して、自分の事務仕事をやる。

俺はそれが絶対に間違っていると思うから、窓口に来た人の話を聞くんだけど

それで職員に怒られる。

話なんて聞くな。ああいうのはてきとーにあしらって、自分の仕事しろ!

何言ってんだおまえ。それでも公務員かボケが。

誰のために働いてんだ?てめーの子どもを育てる金はどっから出てるんだ?

実際にこの職場で働いてわかったのは、世間で叩かれてるダメ公務員、典型的お役所仕事がはびこっている組織であるということです。

本当にひどいよ。

市民よりも、利用者よりも、いかに上から怒られないようにするか、を優先する奴らなんだから。

おかしいよ。こんなの絶対おかしいよ。

ここで働いていると、日々自分が腐っていくのを感じる。

実際俺も、「あー、こんなこと言っても絶対、『俺のやり方に従え』とかキレられて終わりだしなぁ。どーでもいいや、黙っとこ」っていうふうに仕事するようになった。

腐ってるよ。俺も。腐っていってるんだ。

こんな職場にいちゃだめだ。そう思った。

都庁の職員の方の講演では、「仕事を通して成長できる」「組織を通して成長できる」「人生を豊かにできる」なんて話をしていた。

うちの職場じゃあ無いよなぁ。こんなことは。

だからさ、辞めるよ。

このままズルズルいってもさ、しょうがねえだろう。

このまま疑問を、不満を溜めながら仕事するのは、違うだろう。

俺は俺が、頑張れる場所で頑張りたいんだ。

だから、辞めようと思うんだ。

これは賭けだよ。もちろん。

俺だって在職中に試験受けようと思ったさ。

でも異動の関係でね、たぶんここにもう一年いると、病気になるから。

今までもギリギリでなんとか4月までって耐えてきたのに。

もう一年やるとしても、家帰って勉強とかできる状態じゃないだろうし。

そうやって一年某に振るくらいなら

や っ て み よ う ぜ !

一発やったらぁ!

都庁の人だって、「まぁぶっちゃけ、俺の人生ここで終わるのかな、と思ったら耐えられなくなったので転職しましたw」って言ってたし

まぁ、なんとかなるだろ!

もちろん

かなりのリスクを背負う。

でもよぉ、今のままよりいいじゃねえか。

わくわくするんだよ。

それが、生きてるってことじゃねえのか

俺は決めたぜ。

人になに言われたってさ、俺は決めたぜ。

俺が決めたことなんだ。

公務員から公務員への転職者がいる。いる、ってことは

あきらめなければなんとかなるってことじゃねえか!

そうさ

あきらめなければ絶対になんとかなるんだ。

なんとかならなかったら、なんとかなるまで絶対にあきらめなければいいんだ。

そう、あきらめなければいいんだ。

あきらめるな!

失敗したら、やり直せばいい。

転んだら、また立ち上がればいい。

それでいいんだよ。

なんだかスッキリしたぜ。

腹括ったぜ。ただ嫌だから放り出すんじゃない。

俺の人生について、考えた結果なんだ。

これが俺の答えなんだ。

ということを、両親に伝えました。

おおむねわかってくれました。

ちなみに夕飯時のイトーヨーカドーのフードコートで電話してたんだけど、

なんかいろいろ両親に対して申し訳なくなって、大泣きしてしまった。

周りの人、ドン引きだったよね。

なんかスッとしたよ。

これから、むちゃくちゃな試練や困難が待ち受けているんだろう。

でも、わくわくしてるんだ。

下手したら人生ゲームオーバーになるかもしれないってのに、わくわくしてんだよ。

笑うなら笑え。

「無理だ」「やめとけ」「バカじゃないの」

それがどうした。関係ねえよ。

俺が決めたことなんだ。

俺が「こうしたい」って思ったことなんだ。

やるんだよ。あきらめねえんだよ。

勝つぞ、みんな。

コメントとか、いろいろ、ありがとな。

コメントしてないけど、見てるって人も、このすなみにはわかっているぜ!

ありがとな、本当に。

わかっているかい?

他の誰に言ってるんじゃない。

他の誰に伝えてるんじゃない。

君になんだ。

君に。

ありがとな。

勝つぞ。

俺は絶対に自分の望む未来を手に入れる。

幸せになってやろうじゃねえか。

俺だけじゃねえ。親も、それから君も。

幸せになるんだよ、絶対にね。

だから勝つぞ、みんな。必ずだ。

いつも言ってるだろう?

ひとりじゃないさ。

寄り添うことができなくても。

その手をつなぐことはできなくても。

言葉は届く。

想いは伝わる。

いいか、負けるんじゃないぜ。

たった一度失敗したくらいで、くよくよすんなよ?

俺にとっては、俺のことを見てくれる君の存在それ自体が、元気であって勇気であるんだ。

いざとなったら、俺が君を守る。

なんてね。

いやぁ、最近はこういうカッコつけたこと言う元気もなかったから。

なんか本当に吹っ切れたというか、開き直ったというか。

まぁ、明日はまた地獄の職場に行かねばならんけども。すぐ辞めれるわけでもないし。

今後のことは、また今度。

それでは。

おやすなみ。