生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

コミックマーケット85お疲れ

ゆかりんのFCイベント物販に行った後

行くところもないし、ということで

コミケに行きました

国際展示場駅に着いたのがだいたい13:30ごろ

ゆっくりいこうと

本当はぱれっとのカレンダーが欲しかったけど

まぁぱれっとだからな…しかたあるまい

ぱれっとってえのはある種のゲームメーカーです

これがねぇ、コミケの企業ブースでは、商品にもよるけど1,2を争うくらい激戦なところなのだにゃあ

んで絶賛放送中、押切蓮介初のアニメ化作品プピポー!

のグッズを買う

ショッパー

パスケース

まぁ俺はもうモバイルSuicaだけどな!

青春18切符を入れるのに使える

缶バッチストラップ

前のblogにはけっこう書いてたんだけども

私は押切蓮介好きです

中学生のとき、サンクスで遊戯王カードを買っていたとき

ゴミ箱に捨てられていたヤングマガジンを家に持って帰ったんですね

熊田曜子のグラビアが目当てだった(熊田曜子…時代を感じる…笑)

そのヤンマガに載っていた

押切蓮介のでろでろを読んでから青年漫画を読むようになったのです

でろでろのあの回は、「さるとりっぱー」という、日光の猿を捕まえて売り払うというわけのわからない妖怪の回でした

あまりのバカバカしさにすげー笑った

あれからもう10年近くになったか

押切先生も高いところまで登ってきたなぁと

ミスミソウが話題になって

いろんなとこで連載もって

ハイスコアガールがヒットして

ふむ

国際展示場駅の壁にもでろでろ新装版のポスターが貼ってありました

あのときあのヤングマガジン押切蓮介のでろでろと会っていなければ

僕は漫画を読んでなかったかもしれませんね

コミケから帰還して

新宿バルト9

魔女っこ姉妹のヨヨとネネを観た

バルト9のロビーの上のカフェがヨヨネネ仕様になっていた

スタチャ×ユーフォーテーブルといえばまなびストレート!を思い出しますなぁ

なんかサマーウォーズとおおかみこどもを足したようなアニメだったなぁ

という印象

小松未可子の歌がいいよね

しかし都会はイベントとか遊ぶところとかたくさんあっていいよね

俺は田舎向いてねえや

向いてねえ

なんか閉塞感しか感じねえもん地方の田舎は

まだ政令指定都市ならいいんだけどね

大学時代は政令指定都市に住んでいて

寂しくなったときは駅に行って

雑踏に紛れると落ち着いた

ロフトとかヨドバシカメラとか行くのが好きだったなぁ

あーくそ

都会に出てえええええええええええ

住む前は、別に田舎でもいいや、と思ってたが実際に住んでみるとすげーやだ

俺の趣味が趣味だからなぁ

都会じゃねえとダメだにゃあ

ここ最近はずっと

そういう絶望感や閉塞感を抱いている

みんな楽しそうだったなぁ

都会の連中はみんな楽しそうだにゃあ

あぁ…

まだ立ち直れない

というか

基本的に何してても職場のことを考えてしまって辛い…

何してても楽しくない…

まだ限界じゃないかもしれないけど

確実に精神が悪い方へ行っている

と思う

壊れるなら早く壊れてくれねえかなぁ

まぁ今回はもう

休み明け職場に行くと

遅かれ早かれダメになると思う

最期の最期は

全てをかけたリバースカード

『医師の診断書』

があるし

まぁ

いいか

んで休職した後は

辞職するなりなんなりすれば

なんかこれだけ嫌な思いして辛い思いしてまで

働かなきゃならないのは間違っているような気がするし

今はまだ

わかんねえ

わかんねえや