読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

最近読んだお仕事漫画2~『重版出来!』~

漫画


重版出来! 1 (ビッグコミックス)重版出来! 1 (ビッグコミックス)
(2013/03/29)
松田 奈緒子

商品詳細を見る

この漫画は出版業界のお話

出版社に入社し漫画雑誌編集部に配属された柔道女、黒沢心が主人公。

特設サイト↓

重版出来!

「漫画」が世に出るまで、そして世に出てから

色々な人が関わっていて、色々なドラマがある。

そんなお話です。

この漫画は、個人的にすげームカつきます。

いかにも若い女の子が書きました的なオシャレ感が全体に漂っているし

主人公が元気な体育会柔道部のバカで腹が立つし、そのくせ妙に格好がオシャレなのがもんのすごい腹立つし

現実の仕事はこんなうまくいかねえんだよバーカ!!と叫びたくなるし

現実の人間はこんなんじゃねーんだよバーカ!!と叫びたくなるし

全体に漂うオシャレ感がムカつくし

主人公がとにかく明るく元気なのが気に入らないし

全体に漂っているオシャレ感がなんか気に障るし

でも

ムカつくし、悔しいけど、この漫画すごく面白いよ

(そもそも面白いと思わなきゃ僕がブログに書くことはないです)

このすなみが、ムカつくなぁと思いながらも読み続けてしまい、面白いと思ってしまうのだから

この漫画にはそれだけ力があると、認めざるを得ない、そういうことなのでしょう。

僕はお金儲けが嫌いです

公務員になったのも、お金儲けが嫌いだから、というのも理由のひとつであります

面白い作品は、面白いというだけで価値があり

売れるとか売れないとか、そんなことはどうでもいいんだよ

そんなふうに思っていましたが

これを読んで少し考えが変わりました

いや、考えが変わったのではなく、進んだ、といったほうがいいかな

進んだんだ、考えが

やっとわかったよ…

本を「売る」ってことは、「お金を儲ける」ということではなくて

「想いを届ける」ということ

作品を、想いを、感動を創り出している人、そしてそれを届けている人たちを守る

ってこと!

そういうことだったんだな…!

そう思いました

ただぼけーっと、この作品は面白いんだから黙ってても売れるはずだ

売れなかったのは運が悪かったからだ

とかそんなんじゃ、売れないんだね

想いは届かないんだ

本を売るためには、誰かに想いを届けるためには

色々な人が関わり合って、努力しなければならないんだ

そうかぁ

そうなんだ

そうなんだなぁ

想いを表現するのには、とてつもないエネルギーがいる

そのために生活を守らなきゃいけない

黙っていても想いは伝わらない

伝える手段を使って、届けなきゃいけない

そのためには、お金がどうしても必要なんだね

だから売るんだ

誰かに想いを届けるのには

想いを形にするための生活を守るには

全力で売らなきゃいけないんだ!!

売るってことはそういうことだったんだと

そう思うことができました

考えが進歩したよ

根本は変わってない

僕はお金儲けが嫌いだし、面白い作品はそれだけで価値がある

その考えは変わってない

ただ

面白い作品を誰かに届けるには

面白い作品が生まれてくる土壌、すなわち作家の生活や本に携わる人々の生活

それを守るには

お金が必要なんだ

全力で本を売るってことが必要なんだ!

わかったんだ

感謝するぜ

俺はまたひとつ学んだ

またひとつ強くなったんだ

この漫画はおすすめです

みんなも読んでみてくれ

全体に漂うオシャレ感はむかつくがな!

仕事がつまらないあなた

このままここで働いていていいのかなと思っている君

この漫画を読めば熱くなれる

読んでみてくれ

ただ褒めちぎるのもよくないとこの漫画の中であった(ような気がする)ので

すなみんが気になった点

全体的に理想主義なんだよねい

主人公は明るく元気な体育会系の女の子

お仕事頑張ってまーす☆的なのがねい

んでこの主人公のやることは全部うまくいくし

現実はこんなんじゃねーだろうと

脇役は悩みとか迷いとかあって、人間味あって好きなんだけど

この主人公は自分の考え曲げないし、たいして悩んでるとか迷ってるとかないし、

見ていてただただムカつくだけなのがねい

「あたし頑張れって言葉好きです」のところはなんだかなぁと思った

僕と正反対な性格や境遇だからムカつくってのもあるんだろうけど

もし僕が結婚するのなら案外こういう女の子のほうがうまくいったりして、なんて思ったり…(笑)

現実にいんのかなこんな女の子、とは思いますが

まぁ、おそらく今後この女の子が挫折する展開を入れてくるとは思うんだけども

ちょっとうまくいきすぎかなとは思う

2巻にはこんなセリフが出てきます

フツーはみんなたいてい、

やり甲斐のない仕事を、

やりたくない仕事を、

それでも頑張って…

一生懸命生きてるんだよ!!

そんなもんなのかもな

ただ僕の場合は

仕事がやりたいくないというよりも

職場に行きたくないというか

あの職場の人と一緒に仕事がしたくない

って感じかな

仕事の内容が辛いとか、量が多くて忙しいとか

そういうのではなくて、職場の人間が悪い、人間関係が悪いってのも

多くありそうだなぁ

考えたんだけどさ

やっぱここで一生働くってのはナシかなって

公務員の仕事なんて、どこでもいっしょかもしれない

つまんねーものなのかもしれない

俺は組織に向いてない人間だし

どこいってもダメなのかもしれない

でも…

それでも俺は

ここに残るよりも

可能性があるのなら

道はあるのなら

進む

そっちに懸けてみようと思う。

たいへんかもしれないけど

やりがいとか生きがいとか

そういうもんを感じて

そういうもんを誰かと共有して

生きていられる…

そういう未来の可能性があるのなら

それを叶える力が少しでもまだ俺にあるってんなら

それに懸けてみたい。

こんな決意はまた揺らぐかもしれねえ

いつもみたいに

そうかもしれねえが

またこっから、始めるしかねえ

後ろは振り返らずに、ここから

前を見てな

さて、今日は

これからとりあえず受験ジャーナル読むか、たまってたからな

もうVol.3もでちまったか

んで数的と英語は一問だけでもやる

今日これからこれは絶対にやる

ってえことで、いくぜッ!