生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

見方を変えれば、欠点だって立派な武器になるんだぜ

そう、場合によっては欠点だって君を支えてくれる武器になる…

のかもしれないと思ったのこと。

まぁ自己分析(笑)的な話にもつながるので、ちょっと聞いてくれよ。

何度も言ってるけど、僕はものすごい不器用です。

基本的に人とうまく関わることができません。

具体的にいうと、明るく楽しく愛想よくだとか、場を盛り上げるだとか、そういうことが全然できません。

で、まぁ職場の飲み会とかも非常に苦労しているのだけど、ふと、この不器用さも立派な武器なんじゃないかと思ったのです。

てきとーにヘラヘラ笑ってるようなおべっか使いが、やはりうまくいく。

そういう風に見えるし、実際そういうところもあるけど、それだけじゃないんだなぁ。

そういうやつって「うさんくさい」んだよね。

どんだけ器用にやっても、それはわかると思う。

うさんくさいんだよ。

バカはそれで騙されるけど

例えばぶりっこ女をちやほやするクソおやじとか(本当にこういう奴は死ねと思う)、

見る人が見ればわかるんだなぁ。うさんくさいって。

その点不器用でバカ正直だと、そういうのがないんだよね。

不器用でも、ぎこちなくても、拙くても一生懸命やっていると、それはそれで、伝わるんじゃないか。

誠意みたいなもんが。

嘘ではないっていう。

なんかそう思ったなぁ。

働き始めると、クソみたいなやつもいるのよ。

利益のあるやつにだけいい顔するみたいなやつとか。

俺は不器用だからそういうことができないし、やりたくもないし。

それでもね

そういうのができなくても、人の信用を勝ち取ることはできるんだよ。

働いてみて、そう思うよ。

だから気にしないで、僕は僕で、君は君のスタイルでやっていけばいいさ。

欠点だって立派な武器だ。

それに加えて、君の長所を武器にして戦えばいい。

ちなみにすなみんはホントに不器用だが、

人の良さや真面目さ、誠実さ、優しさとかはそこらの人と比べてずば抜けているので、

それを武器にして戦っています。

散々このblogに書いてる通り、「優しすぎる」ということでさんざっぱら悩むこともあるんだけどね。

でもこれは、他の人が持ってない僕の武器なんだ。

だから信じて戦おう。

それにね。

数は少ないかもしれないけど、ちゃんとわかってくれる人はいるもんだぜ?

信じられない?

じゃあ言うけど、僕は直属の上司にはけっこう買われているのだぜ。

原因は真面目さとか誠実さとかだと思う。

思うっていうか、そう言ってたし。

あと同期の女の子たちの一部では、すなみんは評判いいんだぜ!

優しいから。

これもそう言ってた。

そんなの表面上だけだって?さぁ、どうかな?

ま、ほんと頭おかしい奴ばっかで

嫌になっちゃうけどねー

きちんと見てくれる人、わかってくれる人、気にかけてくれる人、認めてくれる人

ってのはちゃんといるから

すなみんみたいな超絶お人好しもいるしね~

ま、ここまでのはなかなかいないけど(笑)

だから大丈夫だ

仕事のことは気にしないで

今はみんなは試験に受かることを考えよう

ちゅーこって

おやすなみ ( ˘ω˘ ).。o○ ムニャ