読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

裁判所職員採用試験の自己採点結果を僕はもう知らない

日記 公務員試験

裁判所事務官の試験の自己採点しました。

教養→23/40

専門→21/30

計→44/70

前にも書きましたが専門記述と論文は小学生の作文で、もう諦めているので、ボーダーとかは知らないです。

この点数で受かるのかはわからないし、もし受かってもあの作文と面接で最終合格はダメだろうなぁ。

さぁて。

前の日記、

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を読んで思ったこと』では

ここで諦めるわけにはいかない…

と盛大にカッコつけましたが、

昨日カラオケ行ってました。てへぺろ

まぁあれですよ、辛くても慰めてくれる人も相談する人も誰もいないわけで、もうね、このようなことで精神を保つしかないのです!

私はDAMしか使わないので駅前のビッグエコー行ったんですが

なんと部屋の機種がプレミアダムの古い機種でした(泣)

プレミアダムには『DAM-XG1000』とバージョンアップ版の『DAM-XG1000Ⅱ』がありまして、

XG1000では、合いの手とかアシストボーカルが入らないのです…

(゚∀゚)ノ キュンキュン!とかCHUCHU☆CHU!とか

あのひーとはじーくがぶれてないー素敵!

とかが入らないんです。

テンションが上がらないんです。

そこでまぁ、合いの手とかアシストボーカル無しで歌えるやつを歌っていったわけですが、

まず、あの花版の、secret base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.)を歌ったら

号泣した

大泣きしてしまいました。

めんまやじんたんのことを考えただけでも泣けてくるんですが、

僕自身の経験と相まって心にきちゃうんですね、あの花は。

前のブログでは書きましたが、

僕には小学5年生のときに転校してしまった親友がいて(めんまがいなくなったのも小学5年生)、

それからあんまり友達とかできなくて、今に至ってはじんたんと同じような、友達ゼロの半ひきこもりです。

その親友と別れたのが2001年春。その10年後の、2011年春にあの花放送。

なもんでねー、あの花はもうねー、大好きだ!(最終回のゆきあつのテンションで)

moblog_60a5d1a5.jpg

君が最後まで大きく手を振ってくれたこと きっと忘れない

moblog_05f62f01.jpg

最高の…思い出を…

泣いてしまうのは心が弱ってるからなんだろうなぁ。この間歌ったときは泣かなかったし。

今日もまた長い日記書いてるし。

もう辛い…やりたくない…

でもあともう少しなんだ…

あともう少しなんだよ…

そう思って頑張るか

まぁあと少しっていっても

筆記試験が、ってことで

むしろこれからが本番の面接なんですけどね

俺の戦いはこれからだ!なんですけどね

もっともっと辛くなるでしょう

しかしだ

やるしかねえよなぁ!

このまま終わるわけにはいかねえよなぁ!

なんとか…あと少し…勉強はあと4日…

最悪あと4日だけでいいからやれ…!

やるんだ!