読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

なぜ仕事を辞めたいのか。何がしたいのか。何がしたかったのか。

やることがないので考える。
なんで仕事を辞めたいのか。
過去なぜ仕事を辞めたいと思って辞めてきたのか。
考える。
大学時代、高校時代まで遡って考える。
今回ばかりは、考えなきゃいけない。
きちんと。納得が行くまで。

そうして考えた先、答えが出た。
色々と仕事に関して思うことはあるものの、最終的に何が嫌なのか、何で仕事を辞めたいのか、考えたらひとつに集約された気がした。

それは


職員の質が低いから。


自分に正直に、心の底の底、考えてみたらこうなのだ。
「やりたい仕事じゃないから」というのもあがったが、これは「誰と仕事をするか」ということでカバーできると感じた。

自分が辞めてきた理由、今の仕事を辞めたい理由、結局のところ、ひとつなのだ。


職員の質が低いから


これに尽きる。

マイルドに言い換えれば、「成長できないから」ということだろう。

高校時代、勉強が好きだった。
単純に知らないことを知るのは面白かったし、テストをすれば、自分がどんどんレベルアップしていくのがわかって、楽しかった。

でもまぁ、田舎の公立高校、周りは勉強などしない。
それが嫌だった。ひとりで勉強している俺は、変人みたいなものだった。
変人だった。
こんなところ、必ず抜け出してやる。
そう思って、頑張った。

自分は「星の王子さま」の影響を受け、フランス文学がやりたいと思って文学部に入った。
その後、一般教養の授業で社会学を選択し、「これは面白い!」と思い、結局社会学を専攻した。

が。
大学でも学生は勉強をしなかった。
そういう中で、俺は学問への興味関心を失い、腐っていった。
それは、俺のせいだと思う。
俺に意志が足りなかったんだと思う。
今考えたら、いくらでもやりようはあった。
与えられた環境に満足せず、自分から行動すれば。
そうするだけの意志が俺にはなかった。

それでも、事実として、学生は勉強をしなかった。
俺も勉強をしなかった。
色々な要因で腐った。

自分が大学生活で一番心残りなのは、世の中一般にイメージされる「大学生活」「青春」を送らなかったことでもなく、彼女ができなかったことでもない。


学問の面白さについて、科学の面白さについて、誰かと話したかったなぁ。


これだと思う。
伝記を読んで「すげえ!」と思った、俺が尊敬してやまないダーウィン伊能忠敬について、誰かに話したかったなぁ。
社会学や経済学、心理学の面白さを誰かと語り合いたかったなぁ。

本当はずっとこう思っていた。
遊びたかったんじゃない。
楽に単位を取りたかったんじゃない。

本当は、本当は、本当は。
こういうことをしたくて大学に入ったんだよなぁ。

ここまで書いて涙が出てきた。
あの日の想いと、それを叶えられなかった自分の不甲斐なさ。

ひとつダメになると全部ダメだ。
それからどんどんダメになって、「自分はダメだから」と思い込み、就活はしなかった。
本当にやりたいことを考えることもせず、「楽そうだから」という理由で公務員を選んだ。

それでも、公務員という仕事に魅力を感じていなかったわけでもない。
陳腐だが、国のため、人々のため、そうした仕事をするのはやりがいがあるように思えた。

試験勉強はワクワクしたし、楽しかった。
また、色々な官庁や自治体のパンフレットを読んだり、自分のやりたいことを考えるのは楽しかった。
志のようなものもあった。

公務員になってみたら、そんなもの持ってる人はいなかった。
みんな、なんだか、死んだように仕事をしているのだ。
興味あるのは人の噂話と悪口。

繰り返しだ。
高校のときの繰り返し。
大学のときの繰り返し。

もう俺は疲れて、楽そうだから、とりあえず今の職場に転職した。

俺の見立てどおり、確かに楽だった。
が。
何回も転職してわかったが、こういう楽な仕事に流れてくるのは、つまらない人間ばかりであるということだった。

楽な仕事で、趣味を充実させる。という考え方もある。
それは賛成、大いに。仕事ではなく、趣味で自己実現
素晴らしい、公務員時代には、そういう人もいた。

でも、今は居ないのだ。
趣味を充実させるわけでもなく、目標もなくダラダラ生きてるのだ。みんな。

もう嫌になった。
何回繰り返すんだこれ。

割り切れればいい。俺も。
割りきって、淡々と仕事をやり、趣味を充実させる。
そうやって、割り切れればいい。

でもそれは無理だと知った。
さっきまで語ってきた俺の想いや後悔。
こういうものがある。まだ胸にある。

俺のやりたかったこと、やりたいこと。
尊敬できる人と切磋琢磨して仕事したい。
セミナーとか勉強会とか参加して自分を高めたい。
やっぱりこう思ってしまう。
どうしてもこう思ってしまう。
理想だとわかっていても、こう思ってしまう。

だって、現実にこういう仕事をしている人、いるんだから。

このままでは腐る。確実に。
殺される。後悔に殺される。
胸にある想いに押し潰される。

このまま、あと30年、毎日毎日ビルの一室に、異動もなく、あの人たちと働いていく。

絶対嫌だ。
もうこうなったら止められない。
こう思ってしまったら止められない。

ここから出る。
決定。
それは決定。

で、今回はもっとよく考えなければならない。
調べなければならない。

自分の想いはどういう仕事をしたら叶えられるのか。
今までのように、とりあえず楽なところに、一時退避するみたいなやり方では必ず看過できない不満と後悔がやってくる。

・本当に自分を高められる環境なのか。
・志のある職員がいるのか。
・そういう環境がなかった場合、ダメだった場合、外で切り開いていくことができるのか。インターネットで熱意のある同業者にコンタクトをとるみたいなことができるのか。


こういうことを、調べて、考えています。
誰かのお説教じゃなくて、自分で知ったこと、自分の経験で、こういうことを考えなきゃならないとわかったので。
それもだいたい当たりはついてる。
あとはやるかやらないか。
挑戦するかしないか。それだけの問題。


もう遅い、もう間に合わない。
そうやって焦る。


でも、ま。
この胸の想いを叶えるためには、やるしかないんだよねい。

今しか挑戦できない。
あと3年か。
俺の復活をかけて、この胸の想いをかけて、誇りとプライドをかけて。
やってみますかね。最後にもう1回だけ。

やるだけやってもしダメだったら、そのときは諦める。
別な目標にシフトさせる。
音楽でも、小説でも、結婚や家庭でもいい。

でもまだ諦めるときじゃないな。
大変だし、すでにもう諦めたいけどw
なんだってこんなにめんどくせえ性格なんだか。
やれやれだ。

それでも少しワクワクしてる。
ここじゃないどこかへいける、自分の場所で輝ける可能性があるってことに。
それが夢や幻だったとしても、この胸の高鳴りは本物だ。
あとはゴールに着いたとき、この胸のワクワクを持ち続けて新しくスタートすることができるか。
目指すゴールはそういうゴールなのか。
しっかりとこの眼に見据えていく。


諦めるな。理想を諦めるな。
流されるな。想いを流されるな。
囚われるな。過去や他人に囚われるな。

信じるんだ。自分の価値を、想いを、可能性を。
信じきることだよ。

そしてやることだよ。

それしかないんだ。結局。
わかったかい。もう十分だろ?十分考えたろう。
このままじゃダメだってわかったろう。わかってんだろう。
もう迷うな。
あとはやるだけなんだ。

「この世界の片隅に」感想 ~始まりは誰かの代わりだったとしても

この世界の片隅に
見ました。
原作漫画も読んでいます。
漫画&映画、感想。
僕が思ったことを。


この世界に居場所はあるということ。
そしてそれは、自分の手で作るのだということ。
それが生きるということなんだな。


すずが北條家に嫁いだのは、誰も望んでなかったし、誰からも望まれてなかったんだと思う。
このへんは周作とりんさんの関係を考えると、そう思う。

望んでいなかった場所。望まれていなかった存在。
それでも、物語の後半、すずはその場所を選び、けい子は受け入れる。
それはすずが生きてきた、その手で作り上げてきた場所なのだ。
たとえその手がなくなったとしても、その手で作ってきたものは無くなりはしない。
たとえ死んでしまったとしても、生きてきたことは無くなりはしない。


この作品は、「この世界に居場所はある」ということと同時に、「人には代わりがいる」というある種、残酷なことも描いている。

りんさんの「代わり」だったすず。
晴美の「代わり」、生まれてくるかもしれなかった誰かの「代わり」の女の子。

居場所があるということは、代わりはいるということ。
就職でも恋愛でもそうだ。
誰かがいなくなった場所に、その代わりとして居る。
漫画も音楽もそう。
どんなに綺麗事を並べても、代わりはいる。

誰かの代わりはいっぱいいるのに、その代わりになることすら難しい世の中。
望んでいない場所、望まれていない存在。
お前なんか居ても居なくても。

嫌になっちゃうよな。気が滅入るよな。
誰といても、誰と話しても。
この人には、自分より大切な人がいて、自分はその代わりなんだって思ったりして。
すずがそう思ったように。
そんなことを考えるもんさ。人間だからな。

自分の居場所があるということは、自分の代わりはいるということ。
これは相反するようで、矛盾するようで、実は表裏の関係なのかもしれない。


きっと始まりは、誰かの代わりなんだよ。
それをあなたのものにするのは、あなたなんだ。
誰かの代わりじゃなくて、あなただよって、あなたじゃなきゃダメなんだよって、そんなふうにしていくのは僕たちなんだ。
自分の居場所を、自分の価値のある場所を、この世界の片隅に見つけるのが。


それが生きるってことなんだよ





新しい年の始まりに、そんなことを思います。
年が明けても相変わらず僕の人生は明けないし、そんなにハッピーではないけれども、今年もよろしくネ。

かかってこいよ2017年

2016年

今年も1年いろいろありました。
何が正解かは、今はわからない。
今はただ進んでいくだけ。

遠回りかもしれない道を、行き止まりかもしれない道を。
歩くような速さでも。

今は進むだけだ。

2017年は、雌伏の時。
力を蓄えるとき。
積み重ねる。1歩1歩。
なりたい自分になるために。
望んだ未来を手に入れるために。

今ならまだ間に合う。
今動き出せばまだ間に合う。
ここが人生の分岐点。

自分を変えるなら、未来を変えるなら。
人生を変えるなら、運命を変えるなら。

今しかない。
2017年がコケたら、諦めて生きるしかない。
絶望と倦怠の海で、色々なことを諦めた人生。

そんなの嫌だよな。

だから。
今は息を殺して、耐えて、踏ん張って、進んでいく。

前に。


後悔しても、耐えられないほど辛い日があっても。
最後に笑うために。


さよなら2016

負けねえぞ

かかってこいよ2017

2016のライブ参加と2017の予定

2016年に参加したライブと2017年の予定です。

2016
4/3 きのこ帝国@中野サンプラザ
4/9-10 水樹奈々@東京ドーム
6/4 the pillows@渋谷クアトロ
6/23 藍井エイル@NHKホール
7/1 魔法少女になり隊@原宿アストロホール
7/22 the pillows@Zepp Tokyo
7/31 UNISON SQUARE GARDEN@昭和女子大
8/13 ROCK IN JAPAN
8/15 ユニゾン@中野サンプラザ
8/24 ビレッジマンズストア×ましょ隊×最終少女ひかさ@下北沢BB
8/28 きのこ帝国@日比谷野音
10/8 Ao@下北沢WAVER
10/28ユニゾン@ZeppDC
11/4 藍井エイル@武道館
12/28 COUNTDOWN JAPAN 16/17

2017 予定
1/10-11 アジカン武道館
1/21 Ao@下北沢WAVER
1/26 ピロウズ×ユニゾン@ZeppDC
1/29 魔法少女になり隊@渋谷O-WEST
4/19-20 きのこ帝国@中野サンプラザ
あとアラバキとライジングサンに行くよてい…

2016の音楽的出来事
・Ao(ex.レゾン)のライブ。あの夜にライムライトを聴いたことは一生忘れない。
魔法少女になり隊ワンマン&メジャーデビュー
・フェスに行ってみた
・ライブハウスで1曲だけギターを演奏。the pillowsのハイブリッドレインボウ。
ゆかりん音楽活動休止
藍井エイル活動休止

そして2017。
今楽しみなのは、早速1月にあるアジカンのライブだったりします。
高校のとき「ソルファ」が好きで聴いていました。もう10年前だ…。
「君の街まで」を聴きながら、海の向こうを眺め、「ここではないどこか」に想いを馳せたりしていました。
でもアジカンのライブ行ったことないんですよ。
2016,そのソルファのリライト版が。そしてアジカン20周年の記念ライブが。
先行会場のセトリみたらソルファは全曲演るみたい…!
こりゃ行くしかないでしょうよ。

あと、ゆかりんのライブ行きたいなぁ…。
ゆかりんのライブは格別なのです。
ゆかりさん…。まぁ、今は無理に歌わなくてもいいさ。
できたらね。待ってるよ。

2017年は、転職の勉強の関係もあるし、ライブ頻度を落としたいと思っています。
(1月からけっこうあるし、アラバキとライジングサン行くとか言ってますが…)

あとギターなんですが、11月から基礎の基礎からやってるんで、しばらくロックの曲とかはできないなぁ。
課題としてレッスンでブルースをやっています。
ブルースの曲も聴いたりしています。
パワーコードの練習でピロウズとかアジカンの曲をやったりはしていますが。
うーん、もっと先へ進みたい…!

時間はないけど、少しずつ、ゆっくり、楽しんでいこう。

2016から2017へ ~叶える、今は雌伏でも~

今週のお題「2017年にやりたいこと」

まずは2016やったこと振り返り。

・転職
前の会社と比べたら成功かな。だけど、俺には到底満足できる場所じゃないので、また先へ行く。

・減量
4月から-20kgしました。

・ギター
11月から新しい教室に通い始め、再スタート。
まだ全然弾けないですが、最初は何もわからない何もできない状態だったのが、ストロークがそれなりにできるようになったり、パワーコードができるようになったので、前に進んでいる感じがします。
何より、ギターを触るのが楽しいと思えることが多くなりました。
自分の場合は、勉強なんかは独学でできますが、ギターはちゃんと教えてくれる教室に通ったほうがいいなぁと思いました。
それに関しては今年は大成功!

やったことはこの3つか…
転職と減量がわりと大変だったからな。

そして2017やりたいことへ。
まずはできるできないじゃなく、やりたいを書き出す。
・本当にやりたい仕事へチェンジ
・そのための勉強
・ギター弾き語りをできるようにする
・バンドを組む
・人のいるところ(ライブハウス等)で演奏する
・曲をつくる
・小説を書く。賞に応募する
コミケorコミティアで本を出す
・様々なコミュニティに参加して仲間をつくる
・素敵な恋人をつくる
・あと10kg痩せる
・マラソン大会に出る

まぁこんなところでしょうか。
そのなかで来年できること、できないこと、しなければならないこと、やりたいこと…
考えると。
まず転職の勉強かなぁ。こればっかりはもうそろそろ取り返しのつかないことになるので。
あとはジムとギターを細々やっていく感じかなぁ。
うん。しかたねえな。やるって決めたんだから。

1~3月
ひたすらジム。1ヵ月に-3kg。これで-9kg。
余った時間で勉強。
ギターは朝練と昼練を続けていく。
4月~
ジムに使っていた力を勉強へ。
ギターは朝練と昼練を続けていく。
って感じかな。

とりあえず3月まではこれで。
あんまり色々やろうとすると、結局何もできなくなるから。

大変だけど、何にも考えずに日々をやり過ごすような生き方より、いいよね!
俺はもう自分を腐らせないし、自分を諦めない。
そう決めたんだ。

なりたい自分を諦めない 何者かになることを諦めない

こんにちは。すなみんです。
2016年の終わりに。

4月から今の会社で働き始めましたが、辞めようと思います
なりたい自分になるために。
すぐ辞めるってわけじゃないけど。


mako1989.hatenablog.com


今の職場は、世間から見ればホワイト?なんだろうなぁと思います。
仕事は楽。5時で終わるし、7時には2,3人しか残ってません。
でもね、最高につまらないんだよね。
仕事はいいんだけど、働いてる人が、最高につまらないんだよね。
向上心がない、やる気がない、趣味がない。
関心あるのは人の悪口と噂話。
くだらねえ。

で、俺何回も転職してわかったんだけど、俺の場合、そういうのすげーストレスになるということ。
向上心のない、やる気もない、趣味もない、悪口だけが楽しみ。
そういう人と付き合っていくこと、それがすげーストレスなんだよね。
しかも、中小企業だから、狭いんですよ。
職員が30人くらいで、ビルのワンフロアで。

あと30年このビルに通うのか。くだらない人たちと愚痴や悪口大会に花を咲かせて生きるのか。
と考えたら、「う~ん、それだったら、控えめに言って死んだほうがマシだな」と思ってしまった。
うちの会社、仕事的にはホワイトで給与もまぁ公務員くらいはあるのです。
でもね、離職率が高いんですよ。なぜか。
そのわけは、俺が感じてるようなことじゃないかな。

でもまぁ、それは受け入れて、会社の人とは距離をおいて、プライベートで頑張りゃいいやって。
そうも思うんだけど。

そこはね、昔からの自分のやりたいこととか、そういうのもあってね。
やりたい仕事、あるんだよね。

今回、悩んで、考えたんだ。
過去に戻って、自分と向き合って。
自分が本当にやりたいことは何か、本当になりたいのはどんな自分か。

考えたんだ。それを今から話すよ。

なりたい自分

まず、なりたい自分ってどんなのだろうって考えた。
理想。

・やりたい仕事をしている
・趣味が充実している(自分の場合は音楽かな)
・楽しくやれる友達がいる
・向上心を持ち一緒に成長できる仲間がいる
・理解しあえる恋人がいる
・人から認められて生きる

あれ、案外少ないな。こんなもんか。
でも、これを満たして生きるのは案外難しいねえ。
今、できてねえもん、全然。

向上心を持ち、一緒に成長できる仲間がいる。
ずっと、ずっとずっと、こういうのに憧れていました。
高校の頃から。
高校のつまらない連中と同じように生きたくなくて、一生懸命に勉強しました。
ここじゃないどこかに、自分の価値がある場所へ行くために。

大学に入ったけど、何も変わりませんでした。

多分それは、俺が諦めてしまったから。
自分には無理だって思ってしまった。
それがいけなかったんだ。
俺の理想のような人たちが確かにいたんだ。
確かにいた。
それを横目で見ながら、「自分はダメだ」と思うような、そんな人間にいつの間にかなってしまった。
そのままずるずるやってきて、今これだ。
高校のとき、こんな風になりたくないなって思ってた連中、そんな連中と今一緒に働いてる。

それがね、許せねえんだ。
そんな自分にたまらなく腹が立つ。

つまんねー連中と、つまんねー仕事してるのは、俺が頑張れなかったからだ。
諦めたからだ。
そうなんだ。
今こうなってるのは、自分が頑張らなかったから。
諦めたから。今ははっきりとわかる。
諦めずに頑張った人は、今輝いているんだ。

今からでも間に合うかな。
もうボロボロだけど。
諦めなければ叶うかな。

やりたい仕事、実はある。
あ、音楽とか小説じゃないですよ。
それは趣味とか夢の話で、別にやりたい仕事がある。

もう27歳で、すでに転職2回。
絶望…圧倒的絶望…!

それでもまだ、チャンスはある。
可能性はゼロじゃない。
チャンスはあるんだよ。
ダメだったらもうチャンスがなくなったら、そのときは諦める。
チャンスがあるんだったら、まだ諦めるのは早い。
挑戦できる限りは、やる。
そう決めた。

もっと、命を燃やして生きたい。
もっと、高い場所へ生きたい。
自分が納得できる自分でありたいんだ。
何度も転職して、わかった。
高校の時からそうだった。
ダメなんだ、俺はこういうのが。

生きてるんだか死んでるんだかわからない自分で
生きてるんだか死んでるんだかわからない連中と
生きてるんだか死んでるんだかわからないような人生を送る。

そういうのが、たまらなく辛い。


贅沢な悩みだ?無理だ?
うるせえんだよ、お前と一緒にすんな。

というわけで、自分の想いを叶えるために。
来年、頑張ろうかなって思います。

ギターを弾きたいと、弾けるようになりたいと、今はそう思う

こんにちは。
ギターについて、11月から教室を変えてけっこう真剣にやっています。
課題はまずストロークで、全然感覚がつかめません。

そこで、Funny BunnyのイントロとAをひたすらやって、8ビートのリズムとストロークの感覚をつかむ、ということやっていました。
昨日、先生にストロークを見てもらって、「まぁ、75点くらいだが、まぁ、次に進んでもいいくらいには、いいだろう。」ということで、次に進めることになりました。

ようやくピッキングと、パワーコード!に進めました。
今はギターが楽しいです。今までできなかったことがちょっとでもできるようになると、楽しいです。
あとこの、カリキュラムがしっかりあって、「課題をクリアしなければ先に進めない」という形式は、受験勉強とかが好きな実に自分にあっていると思います。

「曲やらないと楽しくないし、続かないよ」という人もいますが、自分に関してはそれは違っていると思います。
ストロークピッキングもきちんとできずに曲をやるのは、単語や文法を覚えずに英文を読むみたいなもので、自分にはそれはできないし、やりたくないです。
まぁ結局、ドリルみたいなのが好きなんだよね。
ガリ勉だかんよ、オイラ。

曲をやっていないというわけでもないんだけどね。
Funny Bunnyはやってたわけだし。

ようやくギターのスタート地点に立ったという感じです。
ろくにできないし、音だって全然わかりません。
それでも、楽しいなぁとか、あんなふうに弾きたいなぁとか、いずれはこういうのやりたいなぁとか、ギターのことを考えることが多くなり、練習も毎日しているので、いい方向に行っていると思います。

頑張ります!