読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

2016から2017へ ~叶える、今は雌伏でも~

今週のお題「2017年にやりたいこと」

まずは2016やったこと振り返り。

・転職
前の会社と比べたら成功かな。だけど、俺には到底満足できる場所じゃないので、また先へ行く。

・減量
4月から-20kgしました。

・ギター
11月から新しい教室に通い始め、再スタート。
まだ全然弾けないですが、最初は何もわからない何もできない状態だったのが、ストロークがそれなりにできるようになったり、パワーコードができるようになったので、前に進んでいる感じがします。
何より、ギターを触るのが楽しいと思えることが多くなりました。
自分の場合は、勉強なんかは独学でできますが、ギターはちゃんと教えてくれる教室に通ったほうがいいなぁと思いました。
それに関しては今年は大成功!

やったことはこの3つか…
転職と減量がわりと大変だったからな。

そして2017やりたいことへ。
まずはできるできないじゃなく、やりたいを書き出す。
・本当にやりたい仕事へチェンジ
・そのための勉強
・ギター弾き語りをできるようにする
・バンドを組む
・人のいるところ(ライブハウス等)で演奏する
・曲をつくる
・小説を書く。賞に応募する
コミケorコミティアで本を出す
・様々なコミュニティに参加して仲間をつくる
・素敵な恋人をつくる
・あと10kg痩せる
・マラソン大会に出る

まぁこんなところでしょうか。
そのなかで来年できること、できないこと、しなければならないこと、やりたいこと…
考えると。
まず転職の勉強かなぁ。こればっかりはもうそろそろ取り返しのつかないことになるので。
あとはジムとギターを細々やっていく感じかなぁ。
うん。しかたねえな。やるって決めたんだから。

1~3月
ひたすらジム。1ヵ月に-3kg。これで-9kg。
余った時間で勉強。
ギターは朝練と昼練を続けていく。
4月~
ジムに使っていた力を勉強へ。
ギターは朝練と昼練を続けていく。
って感じかな。

とりあえず3月まではこれで。
あんまり色々やろうとすると、結局何もできなくなるから。

大変だけど、何にも考えずに日々をやり過ごすような生き方より、いいよね!
俺はもう自分を腐らせないし、自分を諦めない。
そう決めたんだ。

なりたい自分を諦めない 何者かになることを諦めない

こんにちは。すなみんです。
2016年の終わりに。

4月から今の会社で働き始めましたが、辞めようと思います
なりたい自分になるために。
すぐ辞めるってわけじゃないけど。


mako1989.hatenablog.com


今の職場は、世間から見ればホワイト?なんだろうなぁと思います。
仕事は楽。5時で終わるし、7時には2,3人しか残ってません。
でもね、最高につまらないんだよね。
仕事はいいんだけど、働いてる人が、最高につまらないんだよね。
向上心がない、やる気がない、趣味がない。
関心あるのは人の悪口と噂話。
くだらねえ。

で、俺何回も転職してわかったんだけど、俺の場合、そういうのすげーストレスになるということ。
向上心のない、やる気もない、趣味もない、悪口だけが楽しみ。
そういう人と付き合っていくこと、それがすげーストレスなんだよね。
しかも、中小企業だから、狭いんですよ。
職員が30人くらいで、ビルのワンフロアで。

あと30年このビルに通うのか。くだらない人たちと愚痴や悪口大会に花を咲かせて生きるのか。
と考えたら、「う~ん、それだったら、控えめに言って死んだほうがマシだな」と思ってしまった。
うちの会社、仕事的にはホワイトで給与もまぁ公務員くらいはあるのです。
でもね、離職率が高いんですよ。なぜか。
そのわけは、俺が感じてるようなことじゃないかな。

でもまぁ、それは受け入れて、会社の人とは距離をおいて、プライベートで頑張りゃいいやって。
そうも思うんだけど。

そこはね、昔からの自分のやりたいこととか、そういうのもあってね。
やりたい仕事、あるんだよね。

今回、悩んで、考えたんだ。
過去に戻って、自分と向き合って。
自分が本当にやりたいことは何か、本当になりたいのはどんな自分か。

考えたんだ。それを今から話すよ。

なりたい自分

まず、なりたい自分ってどんなのだろうって考えた。
理想。

・やりたい仕事をしている
・趣味が充実している(自分の場合は音楽かな)
・楽しくやれる友達がいる
・向上心を持ち一緒に成長できる仲間がいる
・理解しあえる恋人がいる
・人から認められて生きる

あれ、案外少ないな。こんなもんか。
でも、これを満たして生きるのは案外難しいねえ。
今、できてねえもん、全然。

向上心を持ち、一緒に成長できる仲間がいる。
ずっと、ずっとずっと、こういうのに憧れていました。
高校の頃から。
高校のつまらない連中と同じように生きたくなくて、一生懸命に勉強しました。
ここじゃないどこかに、自分の価値がある場所へ行くために。

大学に入ったけど、何も変わりませんでした。

多分それは、俺が諦めてしまったから。
自分には無理だって思ってしまった。
それがいけなかったんだ。
俺の理想のような人たちが確かにいたんだ。
確かにいた。
それを横目で見ながら、「自分はダメだ」と思うような、そんな人間にいつの間にかなってしまった。
そのままずるずるやってきて、今これだ。
高校のとき、こんな風になりたくないなって思ってた連中、そんな連中と今一緒に働いてる。

それがね、許せねえんだ。
そんな自分にたまらなく腹が立つ。

つまんねー連中と、つまんねー仕事してるのは、俺が頑張れなかったからだ。
諦めたからだ。
そうなんだ。
今こうなってるのは、自分が頑張らなかったから。
諦めたから。今ははっきりとわかる。
諦めずに頑張った人は、今輝いているんだ。

今からでも間に合うかな。
もうボロボロだけど。
諦めなければ叶うかな。

やりたい仕事、実はある。
あ、音楽とか小説じゃないですよ。
それは趣味とか夢の話で、別にやりたい仕事がある。

もう27歳で、すでに転職2回。
絶望…圧倒的絶望…!

それでもまだ、チャンスはある。
可能性はゼロじゃない。
チャンスはあるんだよ。
ダメだったらもうチャンスがなくなったら、そのときは諦める。
チャンスがあるんだったら、まだ諦めるのは早い。
挑戦できる限りは、やる。
そう決めた。

もっと、命を燃やして生きたい。
もっと、高い場所へ生きたい。
自分が納得できる自分でありたいんだ。
何度も転職して、わかった。
高校の時からそうだった。
ダメなんだ、俺はこういうのが。

生きてるんだか死んでるんだかわからない自分で
生きてるんだか死んでるんだかわからない連中と
生きてるんだか死んでるんだかわからないような人生を送る。

そういうのが、たまらなく辛い。


贅沢な悩みだ?無理だ?
うるせえんだよ、お前と一緒にすんな。

というわけで、自分の想いを叶えるために。
来年、頑張ろうかなって思います。

ギターを弾きたいと、弾けるようになりたいと、今はそう思う

こんにちは。
ギターについて、11月から教室を変えてけっこう真剣にやっています。
課題はまずストロークで、全然感覚がつかめません。

そこで、Funny BunnyのイントロとAをひたすらやって、8ビートのリズムとストロークの感覚をつかむ、ということやっていました。
昨日、先生にストロークを見てもらって、「まぁ、75点くらいだが、まぁ、次に進んでもいいくらいには、いいだろう。」ということで、次に進めることになりました。

ようやくピッキングと、パワーコード!に進めました。
今はギターが楽しいです。今までできなかったことがちょっとでもできるようになると、楽しいです。
あとこの、カリキュラムがしっかりあって、「課題をクリアしなければ先に進めない」という形式は、受験勉強とかが好きな実に自分にあっていると思います。

「曲やらないと楽しくないし、続かないよ」という人もいますが、自分に関してはそれは違っていると思います。
ストロークピッキングもきちんとできずに曲をやるのは、単語や文法を覚えずに英文を読むみたいなもので、自分にはそれはできないし、やりたくないです。
まぁ結局、ドリルみたいなのが好きなんだよね。
ガリ勉だかんよ、オイラ。

曲をやっていないというわけでもないんだけどね。
Funny Bunnyはやってたわけだし。

ようやくギターのスタート地点に立ったという感じです。
ろくにできないし、音だって全然わかりません。
それでも、楽しいなぁとか、あんなふうに弾きたいなぁとか、いずれはこういうのやりたいなぁとか、ギターのことを考えることが多くなり、練習も毎日しているので、いい方向に行っていると思います。

頑張ります!

田村ゆかりファンクラブイベント 2016 名古屋【ネタバレ無し】

田村ゆかりファンクラブイベント2016 名古屋f:id:mako1989:20161124120345j:plain

名古屋に行きました。
久しぶりの名古屋、やっぱりいいね。
行きは高速バスでのんびりいった。
たまには何にも考えずただぼうっとバスに乗るのもいいね。
平日は都心で仕事、休日も新宿渋谷吉祥寺だのに出かけていると、けっこう心が疲労しているなーとわかった。

で、ゆかりんのファンクラブイベントですが。
ゆかりんは元気そうでした。
ずいぶんと笑わせてもらったし、楽しかった。
やっぱりゆかりんはかっこいいなと思いました。
俺が憧れたエンターテイナーでした。
見ている人を幸せにさせたり、元気や勇気をあげたり。
そういうアイドルでありエンターテイナーでした。

帰りの新幹線の中で、隣でくたびれた王国民のおじさんが寝ていました。
それを見ながら。
きっと、ゆかりんも、集まった王国民も、辛いこととか嫌なこととか、たくさんあって、背負って生きているんだろう。
まだまだ俺たちのような人間はこの社会ではマイノリティだと思います。
それゆえに、笑われたりバカにされたり、そうまでされなくても嫌なことなんてたくさんあるでしょう。

なんかね、負けたくないって思うんだよね。
そういうのに。

というわけで、来週もピンクのシャツを着て、ピンクのネクタイをして、ピンクのスマートフォンを持って会社に行くわけです。
俺はピンクが好きなんだよ。
ホントはちょっとだ・い・た・んよ❤

さぁ、ゆかりんがあれだけ頑張ってるんだから、俺もまだここで踏ん張る。
自分の好きなものとか、やりたいこととか、あきらめないよ。

相変わらず嫌なことばっかりで、誰にも認められないけど、頑張って生きてるよ

ずいぶんとお久しぶりです。
なんとかかんとか、やってます。
嫌なことや辛いことばっかりで、全然人生楽にも楽しくもならんねぇ。
日々はけっこう忙しく、立ち止まって考える時間があんまりなかったなぁって。
考える間もなく、過ぎていく。

なぜかヒラ職員の中では新入りの俺が一番残業をしています。
俺の能力不足を考えたとしてもなんか明らかに量多いよね。
どこいっても結局こうなるんねぇ。

残業して、ジムでトレーニングして、家に帰るって寝る。
これで11時です。
この生活をひたすら続けている。ブログを書いたり、ゆっくり考え事をする時間もない。
何も進んでいない日々ですが、トレーニングはほぼ毎日やっているので、それだけは効果が出ています。

3月に職場のストレスで88kgに達した体重は11月現在64kgになりました。
56kgになるまで、ひたすらやり続けます。

ギターはまだ練習しています。
これも、色々あったんですが、省略する。
家の近所に良さそうなギター教室があったので、前の教室は辞め、11月からそこに通って、ピックの握り方からやっています。
色々考えたんだけれど、まずは、きちんと弾けるようになろうと。

残業とトレーニングに時間を使うと、ギターができない状況です。物理的に無理です。
なので、会社の始業前と昼休みを使って練習することにしました。
練習用としてやっすいギターを中古で買いました。

今はひたすらこんな状況ですかね。
これ以外にもやってみたことなどあるんですが、ことごとく失敗したので、ここには書きません。

相変わらず、嫌なことばっかりだし、楽しいことなんてないし、誰にも認められないけど、なんとか生きています。
頑張ってもダメなことばっかりで、心が折れたり、悲しみでどうしようもなくなることは依然あるけど、
それなりに頑張って生きてるよって、今は言えます。

今日は、ゆかりんのFCイベントだったんです。名古屋。
ゆかりんは元気そうでした。
久しぶりに見たゆかりんは、やっぱりかっこよくて、俺が憧れたエンターテイナーでした。
見てる人を幸せな気持ちにさせたり、元気や勇気を与えたり。
あんなふうになりたいなぁ。
またそう思いました。

まずはひとつひとつ、やることをやっていこう。
すぐに結果が出なくても、誰かに認めてもらえなくても。
今は信じてやり続けるんだ。
他人に笑われたって、無視されたって、バカにされたって。
ナニクソチクショウ今に見てろ!ってやり続けてやるんだ。

自分を高めるために使った時間は、たとえすぐには報われなくても、誰かが飲み会やったりぼうっとテレビを見ていた時間より価値がないなんてことは、ないはずだから。

他人と過去は変えられないから

自分と未来を変えるしかねえんだなぁ!

最近そう思うのです。
他人や社会は確かにおかしい。不公平なこと、理不尽なこと、たくさんある。
だけどね。
誰かを、世界を呪って生きても、ただ辛いだった。
何ひとつ変わらなかった。
誰かが助けに来てくれるわけでもなかった。

だから、自分と未来を変えるしかないんだな。

職場に、苦手な人がいた。
その人にいつも「これお願いします」って持っていかなくちゃならなくて、それが嫌だった。
ただなんとなく、怖そうだから、苦手だった。
ある時、その人がロックが好きだと知った。
洋楽が好きだと。
それであるとき聴いてみたんだ。
「何かオススメのアーティストとかアルバムとかありませんか?」って。
それから練習していること、ギターの先生に昔の洋楽のロックを練習することを勧められていることとかを話した。
そうしたら、色々話してくれて、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルのCDを貸してくれた。
なんだ。簡単なことだったんた。
たった一言だけ、自分から話しかければこんなに変わっていくんだって。
自分の意識が。
たった あれだけ。たったあれだけのことで。

いつも行かなきゃいけない部署があって、そこが嫌だった。
そこのおばさんとお姉さんたちが、何だかすぐ笑うのだ。
ちょっとしたことでも笑ったりして、バカにしてんのかとすげー腹が立ってたんだ。
1回ブチギレそうになったこともある。
だけどもまぁ、別にバカにしてるわけでもないんだろうなと思う。
中学や高校のとき、笑われてバカにされて、生きてきたから。
そう思うんだろうなって。

だから、そう考えるのはやめた。
その代わり、俺が、笑わせることにした。
俺が、笑わせる。
俺が、笑わせてやるんだ。

そう思って、そこに行く前に笑わせてやると考えて、準備して行った。
これがハマった。
もともと彼女たちは何でもかんでも笑っているからか、ウケるのだこれが。

見ろっ…!ウケた…
ウケたぞっ…!

知ってるか?女の子を笑わせるって
すげー気持ちいいんだぜ

あぁ…こういうのがやりたかったのだ…
中学…高校…大学…
女の子と楽しくおしゃべりする
そんな機会はなかった
気がつけばいつも隅っこのほう

過去は変えられない
が、未来は変えられる

もうムカつかない
なぜなら俺が笑わせてるからだ
俺がそう決めて俺自身が行動しているからだ
悪いけど、時間をもらうよ
俺の練習に付き合ってもらうぜ

どうやら彼ら彼女らにとって俺はエリートらしいので
バカなことを言うくらいかちょうどいいのだ

それにこんなふうに生きたほうが 俺も楽なんだ
人に怒ったり憎んだりして生きるよりも

誰にも必要されてないんだって
自分なんていなくてもいいんだって
そう思うことがあるけど
それなら人を利用して生きてやる
自分のために生きてやる
そう思ったほうがさ
きっと周りともうまくやれるんだ

俺は変わることができる
学習して改善することができる
なんて素晴らしいことだろう

世の中には変われない人がいる
変わろうとも思わず
何を変えればいいかもわからず
そうやって流されて生きてる人、多いさ

もちろん
無理に笑わなくてもいいし、無理に変わらなくていい
でも
変えたほうが素敵な自分になれるんだったら
変えることにワクワクを感じるんだったら

やってみようぜ!

今はなんとなく何をどうすればいいかわかるんだ
そしてそれがわかると楽しい

受験勉強が楽しかったあの頃みたいな
そんな気持ちさ
たとえそれがほんの小さなことでも
他人には笑われるようなことでも
自分でやると決めてやったことが実ったとき
誰かに、何かに気持ちが通じたとき
それは最高に楽しいのだ


さぁ、変えていこう
ここから
他人と過去は変えられない
でも
自分と未来は変えられる

俺は俺のやり方で

俺は俺のやり方で
俺がやると決めてやる

色んなものを参考にはするけれど
これはブレちゃいけないのさ

やるのは俺
生きてるのは俺

俺は俺のやり方で
掴みにいく