生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

これからは付き合う人間も考える

さて、実はまだ絶賛就活中です。
色々調べるうちに、あれ?こっちのほうがいいかな…と思うことがあったので。

就活で何を重視しているかというと、職員の意識・レベルです。
これまでの社会人経験のなかで、それだけはどうしても我慢できないからです。
残業も別に良い、金にも興味ない。
ただ、一緒に働く職員の意識が低いのは、どうしても我慢できない。

なぜ努力しないのか
自己研鑽を怠るのか
なぜ夢を持たない?見つける努力をしない?

人生はそれぞれだし、生き方を押しつけるつもりはないですが、僕はこういう人とは極力関わり合いたくないです。

パンのために生きる
やる気もなく、行動もせず
愚痴ばかり
ただただ日々を繰り返す

それって生きてるっていうんですかね
こういう人間と一緒にいるとこっちまで腐ります。

それにこういうのはたいていコミュニケーション能力がないんですよ
愚痴と悪口でしか盛り上がれなかったり、どうでもいい自分の話を延々としたり、何回も同じ話を繰り返したり、そのくせ人の話は聴かなかったり。
「あー、ダメだなぁこいつ」と思いながら接してますが、時間の無駄だなぁ…と思います。

今ここで
そういう人間の掃き溜めから出なければ
自分のやりたいことをやるため努力しなければ
もう終わってしまうと思うんですよね

僕はこういうタイプの人間にはなれないし、このままここで年取っていったら、耐えきれなくなって本当に死んでしまうかもしれないとまで本気で
思っているんですよ。

有志の勉強会などに行っていて、自分のやりたいことのため、社会をより良くするため、頑張ってもいる人たちが普通に存在しているとわかりました。
そういう人間がいるってだけでも、すごく励みになりました。

そういう人たちと働きたい、それがこの転職の動機です。

やっぱりそこが1番ですな。
これからの人生を考えたとき、やっぱり生き生きして仕事したい。

まぁこんなこと言うと「現実はそうもいかない」とか口挟んでくる人間が沸いてきますけどね。

いやいやいや、お前の意見なんてきいてないから。
どこまでコミュニケーション能力ないんだと(笑)
むしろそこまでいくと羨ましいわと。
俺もそういうふうな自己中になれたら楽しいのにと。

まぁそう思うわけです。

こうは言っとりますが、現実の僕は他人に甘いので、我慢して付き合ってすごくストレスを溜めるという構図がすごく多い。

だからもう、これからは誰と付き合うかも考えようと。
自分で選べるように頑張ろう。
我慢しないで、心地よいと感じる関係性を作っていこう。
自分の人生なんだから。

もうあんまり時間もないことだし。
時間を無駄にしたくない。
つまらない人生を送りたくない。

望むものを手にいれるためには、努力と行動あるのみぞ。

さて、話は変わりますが、9月のTOEICに申し込みました。
就活と平行ですが、やっていきます。
転職の先も考えてるというか、キャリアプラン、ライフプランありきの転職なので、転職とうまく接続できるかな。

下らない人間にイライラしたときは、先のことを考える、未来のことを考える。
未来のことを考えて、そのために今やるべきことを明確にしていくと、ワクワクしてくる。

よっしゃいくぞ!と。
そういう気持ちにする。
自分のアンガーマネジメントです。

最近は他人に期待をしない、ということも意識してるんですが、これがまたまたなかなか難しい。
色々試してみて、ダメな奴には極力関わらず、自分のことに集中するという作戦もいいかなと思ってます。

そんなこんなで。
今はキャリアプランやライフプランを、見据えて行動できているので、悪くないです。
もっと色々捨てられるようになりたい。
目標のため、捨てられるものは捨てていこう。
人生は短いのだから。

国立科学博物館に行きました

昨日は、国立科学博物館に行きました。
この間、大英自然史博物館展にいった以来。
Iさんは科博に来たことがなかったようですが、非常に満足しておりました。
目玉の地球館ですが、わりとしっかり展示も見て僕が解説したので、進化生物学とその周辺に興味を持ってくれたようで。
知的でクールな休日を過ごせました。
良きかな。

さて、これから、ようやく色々できそうです。
止まっていたことも、これからやりたいことも。
俺にはやらなきゃいけないことが山ほどあるんだ。



さぁ、お前はどうする?
今のオレが立ってる場所は、お前の人生の遥か先だ。

お前はどうする?
くだらんインターネットで時間を無駄にして生きるか?
本当にそんな人生で良いのか?
あっという間に人生は終わる。
哀れだとは思うが、かわいそうだとは思わん。

まともな人間相手なら、今からでも民間の就活は間に合うから引き返せ、というところだが。
愚痴と悪口にしか興味がない人間なら、公務員はとても良く合っているといえる。
そういうくだらん連中ばかりだからな。
給料が低いのと、その割には仕事量と対人ストレスがすごいのが難点だが。

だからまぁ、俺の言うことなど気にするな。
お前はお前の人生を進めばそれでいい。
頑張ってきたんだろ?お前はお前なりに。
お母さんもお父さんも喜んでくれるさ。

坊や…
いや、それともお嬢ちゃんかな…?
ひとつアドバイスだ。
「こいつにできて、なぜ自分が」
そう思う気持ちは、よくわかる。
悔しい。悔しい。悔しくてたまらない。
そういう思いは、よくわかる。
だけどな。
そんなこと思ったってどうしようもないんだ。
そう思っているうちは、人生楽しめない。
自分のやるべきことをやるしかないんだよ。


頑張れよ。

今を生きること

昨日の晩、Iさんに合格報告をしました。

「お祝いに銀座でお寿司!」とか言ってたけど、結局それ僕が奢るんじゃないか…と考えたら全然お祝いじゃないような気が…。

それでもまぁ、喜んでくれました。

ここまで遠回りした。
本当に何度も何度も、新卒で公務員になったこと、その後の展開、後悔してきました。
でもまぁ、それはそれでね。

若い人には絶対に公務員になるんじゃないぞ、
と言いたいくらいですが、手にいれたものもある。


君に出会えて…良かった!


実際手に入れてみるとかなりあっけないというか、なんだか拍子抜けですね。

夢見たことが手に入るんじゃない、1歩ずつ積み重ねたことが手に入るんだ!

実際、夢に向かって歩いてるときが楽しかったなぁと思います。


もうすっかり気持ちが緩んでしまって、TOEICの勉強もやる気が起きず…。

まぁ、少しくらいはいいか。
今くらいはね。

鳴らない電話は後で鳴ることもある

こんばんは。

昨日、不採用だったと書きましたが、今朝電話が来て、採用の連絡でした。

昨日までに連絡がなければもうダメだと思っていたので、良かったです。
というかあれだけ落ち込んだのはなんだったんだ…。

今帰りの電車の中ですが、思い切り叫びたい気分です。

しかし本当に人生、何が起こるかわからない。
諦めなれけば、なんとかなるもんだな。

新卒でクソみたいな公務員になって、人生終わったと思ったこともありますが、まぁ、頑張ればなんとかなる。
なんでこんなことになったんだ…。
なんで公務員なんかになってしまったんだと、思ったことはたくさんあるけど。

なんとかなるもんだ。

学歴(学校歴)とコミュニケーション能力と、人間結局最後は人柄です。
これさえあればなんとかなる。

さて、これから、会社に辞めるというのを伝えなければならない…。
これがまた嫌なんだよなぁ…。

今の会社も、公務員時代よりかは環境的に全然天国みたいなので、普通に暮らす分にはいいところなんだけど。
毎日5時に帰れるし、給料も昔よりは良いので。

しかし今日から何を目標にしていけばいいのか。
遊びまくるか。
それともTOEICの勉強を始めるか。知的にクールに!

物語は始まったばかり。
これからどこへだっていける。
忙しくなりそうだぜ。

昨日まで選ばれなかった僕らでも

もうだめだ
もう立てない
ダメなんだ
今回ばかりは

いや、いつだってそうだった
いつもいつも
才能もなくて環境にも恵まれなかった人間はただ絶望するしかなかった

頑張ってもなんの意味もなかった
無駄だった
辛いだけだった

今回ばかりは
もうどうしようもない
絶望だ

一生ここで
死んだように 腐ったように
生きていくしかないんだ

なんにも良いことがない人生だった




立て…


立てよおっ!


まだ終わっちゃいねえだろ
いや、まだ始まってもいない

これからだろ、お前の努力が実を結ぶのは
確かにショックだ、絶望だ
もうどうしようもないくらいの

それでも人生…何が起こるかわからない
まだわからない

まだ希望はあるだろう?
お前がここ何ヵ月か努力した成果は見えただろ
これからなんだよ、戦うのは

お前だけが辛いなんて思うなっ!
民間企業の就活をしてきた奴らは、第一志望が最終落ちなんてザラ…
そんなの何回も味わってきたっ…!

それを1回、たった1回ダメだったからって終わるのかっ…!
甘えてんじゃねえよっ!

確かに人生の目標はなくなった
あっけなくな

でもだからこそ見えるものがある
今まで見えなかったものが見えるはずだ

まだチャンスはある
他の誰でもないお前の力で掴んだチャンスが

戦え
立って戦え!

選ばれなかったならお前が選べばいい
新しい場所を

いつか見返してやればいいんだよ
なんか大したことないなって

もうダメなんじゃないか
どこにも受からないんじゃないか

なんて思うなっ!
今回だって少なくとも一次、二次は突破したんだ
人事は認めていたということ

たまたま、運が悪かっただけだ
理不尽だが、そういうこともある

だから立て!
まだ戦えるだろ!

立て

そして、勝つんだ!

諦めるのはまだ早すぎる。


あれだけのことがあったんだ
今すぐ立ち直れとは言わない

でも俺は信じてるぜ
お前がまた立って戦うって


信じてる

「選ばれない」という絶望

こんばんは。
この間、採用面接がありました。

ずっと前から、大学生のときからやりたかった仕事があり、
第一志望だったところの、ずっと夢見てきたところの最終面接がありました。

不合格でした。

かなりのショックでした。
こんなに簡単には夢や希望は打ち砕かれるものなのだと思いました。

ただ落ちるだけならいいですが、最終までいって色々、「そりゃねえだろう」ってことがあったので。

ただ、何人かの人間の気に入らなかっただけで、あっさりと、人ひとりの人生の希望は終わるのですね。

人事の人はよくやってくれたのですがね…。

これはもうショックでショックで、今も立ち直れていません。

もう死のうかななんて思いました。
それほど大きな意味を持つものだったのです。


もう…もうだめだ…
今回ばかりはもうだめだ

いよいよ本番

こんばんは。
さぁ、明日、いよいよ試験本番です。

この3か月、よくやりました。
やってきました。
頑張ってきたんだよ。

なんだか…いけるかもな。
不思議と負ける気がしてない。

3か月でここまでできたんだから、もっと昔からやっていれば、どこへでも行けたんじゃないか。
なんて、思うよ。

それでも、そんなこと思ったって仕方がない。
今、今ここにいる俺で勝負するだけだ。
これだけやってきたんだから、大丈夫だって今は思える。

これから本当の戦いが始まるんだってドキドキしてる。
ワクワクもあるし、不安もある。

なんだか、生きているな。

必ず勝つ。
勝って、やりたいことをやるんだ。

それでは!