読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きても生きても雨

晴れの日は来なくても 続きはあるんだぜっ

自分の欲望を認めて動け

こんにちは。
人生の8割くらいは悩んでる時間のような気がしているすなみです。

この間、ギターのレッスンが終わってから師匠と話をしてたわけですよ。
話の中で、「自分の欲望を誤魔化しちゃダメだ」ってのが出たんですよ。
そこを誤魔化すと行動原理に歪みが生じる。
何が何やらわからない。

俺の欲望を全部認める。
そこから始まるんだ。それを認めないと始まらないんだ。
誤魔化しちゃいけない。
俺の欲望。

仲間がほしい。
恋人がほしい。
お金がほしい。
称賛されたい。
すごい人間だって自他共に認めたい。認められたい。
見返したい。見下してきたやつらを。

そういうものを全部、隠さず、誤魔化さず認める。
そして、それを手にいれるためにはどうすればよいか考えて、行動する。
うまくいかなくても、惨めでも、どれだけ恥をかこうとも。
意地というかプライドが高いから、人に頼るとか、お願いするとか、基本的にできないんだけど、目的のためにはそういうことも必要だなって思ったり。
捨てていいプライドと捨ててはいけないプライドってあると思うんだ。
みっともなくても。やるんだ。

そのために。今色々活動してます。

ギターもそうだけど、軽音サークルに入ってみたり、読書会に参加したり、ビブリオバトルをやってみたり。
参加してみるとけっこう楽しいです。
色々面白い人がいたりして。
「自分はダメだから」「どうせ輪に入って行けないから」「めんどくさいから」
とか考えずに、とりあえずやってみようと思います。
ダメだったら、辞めればいいし。
そして次の手を考えればよい。

悩むことは多いけどね。
でもきっともう、悩んでもどうしようもないことで悩んでるわけじゃないんだ。
幸せになるためにはどうすれば良いかを悩んでるんだ。
ひとしきり悩んだら行動に移す。

人は人を簡単に裏切ったり踏みにじったりするという話

若干前エントリの続き。

人は人を簡単に裏切ったり踏みにじったりするのです。
つくづくそう思う。
本当にあっさりと。いとも簡単にこういうことをする。
カイジじゃないけどさ。

奴ら言うんよ。
「ごめんなさい」「すみませんでした」

そんなこと1ミリも思ってねえからな。
そもそもどうしてこんなことになったかというと、どうでもいいと思ってるからなんだよ。
こいつのことはどうでもいい。そう思ってるから平気で蔑ろにしたり、踏みにじったりできるのだ。

本当に悪いと思っていたら、本当にすまないと思っていたら。
もっと早い段階で自分から謝る。
本当にそう思っている人は、そうする。

こんなタイミングで、人に言われて出たお前のそのゴミみたいな「ごめんなさい」に、価値なんかねえんだよ。

本当にまー呆れるよ。よくそんなこと平気で言ったりやったりできるなぁと。
そんでそういう奴に限ってヘラヘラスイスイ、楽しく生きてんだよな。
理不尽だねい。

そういうのはたくさんいるんで、もうそんなに落ち込まなくなったかな。
でも、「あ、はい。そうですか」って笑って許して流せるほど頭イカれてないんで、4回死んで地獄に落ちろカス野郎と思うし、金輪際関わりませんけど。

まぁでもさ。

人を裏切ったり、蔑ろにしたり、踏みにじったりしたことは歌にならない。
けど、裏切られたり蔑ろにされたり、踏みにじられたことは歌になるんだ。

別に人を裏切ったり踏みにじったりするやつでも上手にギターを弾けたりドラムは叩ける。
でも、踏みにじられてきた人を救うような詞は書けないんだ。
歌は創れないんだよ。

山中さわおも、安田貴広も、裏切られてきた、踏みにじられてきたからああいう歌が創れるんだと思う。


踏みにじられたことは、辛くて痛くて悲しいことだけど、
裏切られたことはとっても悔しいことだけれど。

それは人を信じた結果なんだ。
人に歩み寄ることを諦めなかったということなんだ。
それは確かな事実なんだよ。
結果はこうで、こうなってしまった原因はいくつもあれども。
人を信じたこと、歩み寄ろうとしたこと、それだけは事実なんだ。
誰がなんと言おうと、何がどうであろうとね。


だから胸張るのさ。
誇るんだ。立派じゃないか。

これから先もたくさんたくさん、裏切られて、踏みにじられて生きるだろう。

報われることなんかないかもしれないね。
でもまぁ、下らない人間に裏切られたショックより、

「あれ、ということは俺人を信じたってことじゃん。歩み寄ろうとしたってことじゃん」

って気づいたときの

「自分けっこうすごい人間だな」

という自己肯定感のほうが不思議と上回っているので、今は良しとしようか。
たとえそれが認知的不協和によるものでも。

というわけで、これから先も人を信じて、裏切られて、歩み寄って、踏みにじられます!
上等!かかってこいや!

あ、自分ってホント存在価値ないんだなという話

他人にとって、俺は存在価値のない人間なんだなぁ、と思う。
自分の居場所を見つけるために、色々やってみるけど、うまくいきません。
うまく生きてゆかれません。

俺は団体行動とかホント苦手なんだなぁと思う。
無理だ。人が何人か集まるともうダメだ。
1対1なら普通に話せるんだけど、相手の話を聴くことを心がけているし。
と思うんだけど、きっと、楽しくないんだろうな。俺とふたりでいても。

俺は、存在価値というか、人間性とかスキルとかそういうのがないのだな。
こういう人間にとって、まわりに溶け込んでいくのはすげえ難しいと思った。

個人の持ってる能力やらなんやらの問題と
そういうのを発揮できる場所や環境、機会の問題と
そのマッチングの問題がある。

こういうのがガッチリ噛み合えばきっと居心地がよくて、楽しくなるんだろうけど

そしてこういうのを軽々できる人はいいんだろうけど

自分は難しいな
うまくいかないな

考える日々です

ダメならダメで、じゃあどうすればいいか
それも考えているんだよ
ただ嘆くばかりじゃない

でもね それでもね
苦しいなぁ
自分の存在価値の無さを思い知らさせることが多くてね

自分は欲張りで、人が持ってるものも持ってないものも全部欲しくなるけど
結局 ただひとつ たったひとつ
「君が必要なんだ」って言ってくれる人が、そういう場所が
欲しいだけなんだな

なんて思うのさ

好きなものを好きと

f:id:mako1989:20170110183323j:plain

好きなものを好きと言うこと。

自分はなかなかできない。
それがものすごく悲しい。悔しい。カッコ悪いなぁ俺と思う。
アニメやアイドルを好き、ということは恥ずかしいことなのだろうか。
ゆかりんでんぱ組.incのメンバーはかなり頑張って生きているし、やってることは例えばミスチルスピッツなんかとそんなに変わらないと思うのだ。
何が恥ずかしいというのだ。

と、言ってみても、じゃあ会社で「田村ゆかりっていうアイドルがいるんですけど、声優さんで、ものすごく好きなんです~」とか言えるかどうか、俺は言えないんだ。

それがすごくカッコ悪い。俺が。
悔しいんだ。

アジカンが好きです。ピロウズが好きです。
だったら言えるのに。
情けない。

でんぱ組のもがちゃんがブログで

「でんぱ組?好きなの?オタクじゃんwwwキモいwww」
なんて言われる、言われると思っているから好きだって言えない。
そういう思いをさせているのは自分たちのせい。
「でんぱ組好きなの?いいね!」って言わせてやる、そのためにもっと頑張る。

と書いていました。

悔しいよなぁ。
情けないよなぁ。自分。


嘆いていたって変わらない。
だからできることからやる。
ということで、会社でも自分の好きなものを出して行っています。

私は白いワイシャツが嫌いです。
みんなと同じ、だから。
というよりは、「みんなと同じにしなさい」という圧力に屈したような気分を感じるのが嫌だから。
だから派手なシャツ着てます。
ピンクとか太いロンドンストライプとか。
ネクタイもミントグリーンとかしてますし(夢眠ねむのパーソナルカラーだ)。
だって好きなんだもん。似合ってねえとか知らねえよそんなことは。

「好きな色?ピンクですね」というのも言ってます。
ピンクのものも持っています。スマートフォンとか。

笑われたって バカにされたって

冒頭の写真の、バスター君のキューブリック3体は会社のデスクにも置いてます。好きだから。

あと僕はムーミンが好きなのですが、ムーミンのグッズも置いてます。

男なのに?ムーミン好きなの?
うるせえ小説とコミックス貸すから読みやがれ。

好きなことを好きと胸を張って生きていきたい。
そのために。
小さなことでも背負って行動しなきゃ何も変わらないね。
いつも言ってるけど。
それでも。今はしてるんだ。小さなことだけどね。

はみ出し者を気取っていても、本当は嫌われる勇気なんてないんだ

自分は、日本社会でやってけない、人とうまくやってけない人間だと思う。
異端児。
まわりの色に馴染まない出来損ないのカメレオン。
でも、でもね。
人の目を気にしてしまったり、言いたいことを我慢してしまったり、人からどう思われてるか不安だったり、するんだよ。
そしてそれが、すごくカッコ悪いなぁと思うんだ。

人に嫌なことを言われても、頭に来ることがあっても、我慢することが多い。そしてグチグチ悩むことが多い。
よく優しいだとか、お人好しだとか言われるけど、そうではなくて、多分嫌われたくないだけなんだ。自分が傷つきたくないだけ。
余計なことを言って、もっと悪い状況になるのが怖いだけなんだ。

他人にそういうことを偉そうに言われても、「あ?うるせえな。てめーと一緒にすんじゃねえ」としか思わないけど、最近は自分自身でそう思うようになった。
そしてそれを認めたとき、すげーかっこわるいなと思った。
「人に嫌われたくないから言いたいことを我慢する」ってかっこ悪いなと思った。
それでTwitterとかで愚痴言うの、陰でコソコソ悪口言ってるのと同じ部分があるんじゃないかと。
あれだけ嫌いだった連中と同じじゃねえかって。
(もっとも俺は、複数人での悪口大会みたいな卑怯なまねはしないと決めたけどね)

そういうのはもういいじゃないかと思った。
別に、誰に嫌われても、陰で何言われてももういいじゃんって思った。
それは、今のうちの職場が想像以上の陰口天国で、善人のフリしたクソみたいなのがたくさんいて、そういうのを見て、そう思ったのだ。

職場の昼休みには、それぞれグループでご飯を食べたりしている。
俺は、会社の屋上……は閉まってるので、その前の階段で弁当食べてる。ひとりで。
そしてギターの練習をする。

実はこういうのに憧れていた。
漫画などで、昼休みひとりで屋上で弁当食べたりしてるのに。
高校時代は、教室から出ていく勇気がなかったから、自分の席で弁当を食べていた。ひとりで。
人の目を気にしながら。
これは正直言うと辛かったと思う。
大学に入れば、ひとりで飯食うのなんて当たり前で、なんでもないことなんだけど、
「学校」「クラス」という閉鎖空間では、非常にきまりの悪いことだった。

会社の階段の踊り場で弁当を食べるのは、居心地は悪くなかった。
友達でもない人と仲良しごっこするよりは、疲れないな。
と思った。
やっぱり自分はこういう人間なんだなぁと思う。

変わってきたところは、もう、人の目を気にしながら生きるのはやめようと思い、少しずつだが、気にしないでいられるようになってきた。
言いたいこともちょっとは言えるようになってきた。

でも思うよ。
陰で悪口言われてるんじゃないか。
そんなことは思うよ。自分を守るために人に気を使うしね。
はみ出し者を気取ってても結局、はみ出すのが怖くて、まわりの目を気にしてしまうんだ。
右へならえ!右向け右!なんてしたくねぇと思いつつ、やってしまうんだ。きちんとできてるか気になってしまうんだ。
かっこ悪いな。

それでも、少しずつ少しずつね。
はみ出してもいいじゃないか。嫌われてもいいじゃないか。
陰でコソコソ言われてもいいじゃないか。
それはその程度の場所だったってことさ。

今ここに俺の居場所がなくても、どこかに必ずあるってまだ信じてる。
探すことを諦めなければ、きっと見つかるって。
まだ信じてるんだ。

それに、今の俺にはギターがあるのが大きい。
これは完全に自分のために時間を使っているという感覚が大きいし、練習すればそれだけ前に進む。
内輪のおしゃべりは安心を産むけど、自分自身は前には進まない。

それに、ギターを弾いている時間は、世界のどこかの誰かとつながっているような感覚が、僅かながらある。
微かにだけど。
これを弾いていれば、この先どこかで誰かとつながる、という希望も感じる。

少しずつ。
言いたいことを言えるようになって、人の目を気にしないようになれたら。
やりたいことをやれるようになったら。

そのためには、結局不安や恐怖を乗り越えてやっていくしかないんだろうなぁ。
頑張って思ったことを言う、言わなきゃいけないことを言う。
それやっていかなきゃダメなんだろうな。

変えていこう。でなきゃ一生このままだぜ。
うまくできなくてもいい。無様でもいい。
笑われたっていいから。

ということで。
明日職場でワンアクション起こします。
小さいことだけどね。


それでは。おやすなみ。

でんぱ組.incのライブに行って思ったこと(ぼくは最上もがが好きです)

f:id:mako1989:20170109222109j:plain

でんぱ組.incのライブに行きました。幕張メッセ イベントホール。
CDJでそのステージを見て、おぉ、すごいなと思ってライブに行ってみました。曲もいいなと思ったので。

でね、これがまたいいんですわ。でんぱ組.inc
調べてわかったのだけど、メンバーが全員オタクで、暗い過去(いじめとかひきこもりとか)を持っているということ。
そういう人たちがやっているアイドルグループだということ。
こんなの僕が好きにならないわけないですよね。
田村ゆかり中川翔子。ネガティブアイドルが大好きな僕としては。

で、ライブ行ってみたらもうたまらんわけですよ。
泣くわ泣くわ。
1週間くらいまえに初めて知って曲聴いてメンバーについて調べたってのにね、もう泣けてくる泣けてくる。

どこにも居場所なんてない
そんな人間が集まって夢みたいなステージ作ってるのはほんと奇跡みたいなもんで

笑われて バカにされて
ひとりぼっちで
だけどそれでも、そんな人間でも
って
必死に 前向いて

生きているんだって思いました。この人たちは生きているんだ。って。


メンバーのブログとか読みまして、僕が好きになったのは、最上もがちゃんですね。カラーは紫。
金髪ショートで、ヤンジャンの表紙とかになってたりするので、知ってる人も多いのではないでしょうか。
でんぱ組やもがちゃんについて何にも知らない状態でヤンジャンのグラビアの彼女を見ていた僕は、「あぁ、なんか、こういう人は、人生無敵みたいなもんなんだろうな」と思ってました。

しかし。ひきこもってネトゲやってたという過去。
人とコミュニケーション取るのが苦手、そういう人なのですな。
ブログなど見ているとですね、もがちゃんは、あれなんですよ。
すごく真面目で、優しくて、暗くて、ネガティブで、不器用なタイプなんですよ。すげーロックなんです。
僕の大好きなタイプです。
メンバーみんな濃いですが、おそらくメンバーの中で一番「やってけなさそう」なタイプなんじゃないかなぁと思いました。
(貶めてるんじゃなくて、僕はこういう人が好きなのです)

新曲のWWDBESTという曲で、もがちゃんが

「生きてきたこと 意味はあったんだな」

って歌うところがあるんですが、もうね。
ライブ中大泣きしました。ここで。
まぁそれまでも何度も泣いてましたが。

闇があるから光は輝く。
こういう人が演る音楽は心に響くんだなぁ。
僕はこういうのが好きだ。


ライブ中のMCで、もがちゃんが「3階の人とか、遠いと思ってるでしょ?でもね、見えるんだよ。みんなのことも見えるんだよ」みたいなこと言ってました。
ブログも見て思ったのですが、彼女は本当にファンのこと好きなんだろうなぁと。
色々見てきてもうわかるんですよ、こういう性格の人は、ファンのこと好きじゃないわけないんです。

真面目すぎるから。優しすぎるから。不器用すぎるから。
うまく生きてゆけずに、人からなんだのかんだの言われると思うけど。つらいことたくさんあると思うけど。
僕は敬意をもって応援する。そういうことにした。


さて、途中から最上もが激推し、みたいになりましたが、他のメンバーも好きなんですよ。
でんぱ組.incは6人揃ってでんぱ組.incなのだなぁと思いました。
僕はグループアイドルとか正直嫌いだし認めませんでしたが、でんぱ組.incを観てからちょっと変わったかなあ。
少なくともでんぱ組は大好きだ。

あとね、ファンの人のライトのカラーチェンジがきれいだよね。
あれを見てるだけでも面白かった。
曲のパートごと、メンバーの色ごとに、高速で正確なカラーチェンジ。あれどうやってるんだ。
これはソロじゃ見られない光景だなぁ。いいなぁ。

あとオタ芸とかの文化は全くなじみがなかったけど、MIXというやつ?タイガーファイヤー~ってやつ。
あれもやってみると楽しいですね。
これからコールや口上、振りやらなんやら覚えて行きたいと思います。

またひとつ。
好きな音楽と生きる楽しみが増えました。
2017年、幸先いいぞ!

2016年 今年の曲

2016年に聴いた曲などを、今年も。


kocorono 最終盤 【完全限定プレス盤】

kocorono 最終盤/bloodthirsty butchers
僕は、2月がいちばん好きです。


ソルファ (2016)(初回生産限定盤)(DVD付)

ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION

揺らいでいる頼りない君もいつかは
僕らを救う明日の羽になるかな
まだ夢のような場所までは飛べなくても
羽ばたいている間は消えないから

君の街まで
今この曲をギターで練習しています。


WWDBEST ~電波良好! ~(初回限定盤)(CD3枚組+DVD)

WWDBEST 〜電波良好!〜/でんぱ組.inc

ロッキンジャパンとカウントダウンジャパンで観て、ハマりました。
やっぱりアイドルはステージみないといかんね。
「ファンファーレは僕らのために」「W.W.D」など、王道アニソンがあって好きです。
2017はライブに行きたいなぁ。


KI-RA-RI(初回生産限定盤)(DVD付)

KI-RA-RI/魔法少女になり隊

魔法少女になり隊メジャーデビューです。
この曲は、新たな冒険の始まりを感じさせるような曲(特にイントロあたりが)。
魔法少女になり隊好きだなぁ。全力で楽しいもんなぁ。
そして未来に希望を与えてくれるような音楽。
アニソンってそういうもんだ。
魔法少女になり隊は、アニメタイアップなんか取れればドッと売れるような気がする。2017も楽しみ。


世界が目を覚ますのなら


東京流星群/SUPER BEAVER

カウントダウンジャパンで、東京流星群を聴きました。
初めてSUPER BEAVERを見ました。
この曲を聴いていたら涙が出てきました。
MCというかパフォーマンスはああいうスタイルなんですね。


わかってんだよ【初回限定盤CD+DVD】

わかってんだよ/キュウソネコカミ

キュウソネコカミはそんなに好きではなかったが。
この曲は当たった。


Let's!フレッシュプリキュア! ?Hybrid ver.?


Let's!フレッシュプリキュア!/茂家瑞季

フレッシュプリキュアについてはプリキュアの中でも全く知らなかった。

アニメロライブで、アニサマプリキュアサマーレインボーのライブを見て、いいなと思った。
前を向くことができる曲。


愛のゆくえ(初回限定盤)(DVD付)


クライベイビー/きのこ帝国

この曲はいい。
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のテーマはアルバムリード曲である「愛のゆくえ」だが、僕はこのクライベイビーが好きだ。
映画にも合ってると思う。
今回のアルバムは、初期のきのこ帝国にあった怒りや憎しみが無い。
その代わりに優しさが詰まっている。


君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

BABY BABY / 銀杏BOYZ

童貞ソーヤングを歌っていた人と、銀杏BOYZが同じ人だとは、なんと去年まで知らなかった。知らなかったのだ。
僕は中学生の頃、まだ「はねるのトびら」がコント番組であった頃、「童貞ソーヤング」というコントがあった。
そのコントの始まりで、ゴイステの童貞ソーヤングが流れていた。
あのお馴染みのリフに、僕もヤられた。
玉光堂にCDを買いにいった。

時は流れて去年、銀杏BOYZを聴いた。
えっ、これ童貞ソーヤングの人なの?と思った。
代表曲、BABY BABY好きです。
なんとなく僕たちは大人になるんだ、とかも好き。

グッドバイ

いぎありわっしょい(あーりんわっしょい)/最終少女ひかさ

好き。


Awa Come


ここだけの話/チャットモンチー


海月姫から。

忘れたくない
スタートした瞬間にだけ見えるゴールを
思い出したい
躓いた瞬間にだけ与えられる
エネルギーを

ここがもうめちゃくちゃ好き。
ここだけパワーリピートしてる。
裏で鳴ってるベースのうねりが、地の底から力があふれてくるような、生命の躍動を感じさせるのです。
それがとても好き。


ELLEGARDEN BEST(1999~2008)


風の日/ELLEGARDEN

エルレは高校時代にちょっと聴いていましたが、大人になってから聴くとまた違って心に刺さるなー。

2017はどんな曲に出会えるかな。
ワクワクできるかな!